« 都内大学めぐり | トップページ | ウミネコいろいろ@三浦海岸 »

2010.03.04

カモメ百態@三浦海岸

三浦海岸で撮影したカモメの写真はもう大変な数になっていて、後から見るたびに面白いものが見つかり、もう現場に行かなくてもこれだけで満足していけるのではないかと思うほどである(いや嘘だ。毎月見に行きたい)。そんな中から面白いカモメの姿を紹介したい。12月末から1月初旬の撮影分である。
R0014254
R0014264
セグロカモメ伸び  P9P10伸長中

R0014271
セグロカモメ斑の多い個体の伸び 外側初列が3枚ほど欠落中(または伸長中)と思われる

R0014646
セグロカモメ(タイミレンシスかも?)右翼ちら見せ P6が最長 P4に小黒斑 P7以降が伸長中。上嘴にも赤味あり

R0015309
タイミレンシス飛び立ち 最長初列はP8でP9P10は伸長中。黒斑はP4-P10の7枚。嘴上にも赤斑あり。脚はかすかに黄色っぽいピンク色。

R0015313
セグロカモメの大あくび 嘴の周りの柔らかい部分がかなり大きく広がっていて大きな口である

R0015314
上と同じ個体が左翼を広げたところ。左足も一緒に伸ばす 最長はP8 黒斑P4-P10 P9P10伸長中 ところで足の3本の指はすぼめることがあるのだろうか?

R0015444
水面で水浴び。こんなにひっくり返ることがあるのか。

R0015486
吠えるセグロカモメ 頭部から首にかけての斑が多い。初列がまだ短い。

R0015491
飛翔中翼をいっぱいに伸ばした瞬間 P10(ミラーあり)が伸長中。P4P5に小黒斑

R0015529
セグロカモメが柱の上でお休み中 尾からの突出が短い

R0015817
オオセグロカモメがフンをする瞬間 追記:この角度から見て「ス」だ。というのをどこかもブログで見たことがあるが、まさしくそのとおりと納得する。左右の三列・初列の重なり具合は右上か左上になるが、個体によって右利き・左利きのように決まっているのだろうか。それとも定まっていないのだろうか。これを調べるにはずいぶん時間がかかると思うが、誰かやったことないのだろうか。

|

« 都内大学めぐり | トップページ | ウミネコいろいろ@三浦海岸 »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都内大学めぐり | トップページ | ウミネコいろいろ@三浦海岸 »