« ハンノキハムシ?@新治市民の森 | トップページ | イタドリハムシ@梅田川 »

2010.04.05

渋谷からロングウォーク

R0021958 R0021966 R0022008 R0022031 R0022042 R0022047 R0022061 R0022067 R0022085
 日曜日は娘のためにお札をもらいに(いや、ただ定期券を買いに)渋谷まで出かけた。天気も芳しくなく半日つぶれるので、有効な時間の使い方をいろいろ考えて、用事が終わったら渋谷からロングウォークで帰ってくることにした。地図でルートを検討した。中原街道にするか246にするか?中原街道に出るルートが難しいので246にすることにした。246だとほぼ一直線なのでシンプルである。
 無事にお札をもらい早めの昼食を食べ、アートスポーツをちょっとひやかしてから1152時ごろスタートした。いきなりだが桜が満開で美しくスタートを祝福してくれた。渋谷は谷の底なのでどの方向に向かっても上り坂から始まる。交通量の多い246の歩道を通ると騒音が激しい。しばらくすると左手に巨大な丸い建物が出現し驚く。これが噂のアレか。山手トンネルと玉川通りをつなぐ大橋ジャンクションだ。周囲はまだご覧のとおり工事中だった。狭い歩道をテクテク歩く。SEIKO PULSE GRAPHを見ながら歩くと1秒あたりちょうど2歩なので平均ペースは120ピッチ/秒である。後ろから来る自転車を気にしながら歩いた。三軒茶屋の昭和女子大前を1225時ごろ通り過ぎた。環状七号線の交差点を1245時。道路標識に厚木まで39kmなどと表示されている。環状八号線との交差点を超えるとやがて二子玉川園。高島屋前を1336時ごろ通る。
  多摩川を渡ると川崎市に入る。ここからは246と分かれ道が狭くなる。ここは昔の大山街道でもあるのだ。溝の口を過ぎるとやや狭い街道が続いた。しばらくするとまた246に合流する。サクラが満開というのに気温が低く、陽も差さず、ときおり軽い小雨まで降ってくる天気。ウォーキングには良い条件ではある。
  槍ヶ崎側道橋で右岸に移りやがて246の橋脚下を通る。このあたりでだいたい3時間が経っていた。もともと右の太もも裏側に違和感があり(たぶん軽い肉離れ)走るのを控えていたのだが長時間のウォークだとランと同じように痛める可能性があるので要注意だ。さて246経由で鴨居に行くにはどこかで246を離れて南下しなければならない。数年前、港北ニュータウンをよく走っていた時にセンター南から田園都市線宮崎台駅まで往復したことがあり、そのケヤキ道を通ろうと思っていた。だが、記憶があいまいで246から左折するタイミングが分からず勘で曲ってしまって、やはり道に迷ってしまう。1456時ごろ。太陽が出ないので方向さえわからないのだ。うねうねと曲がった住宅地の道路で方向感覚をなくしてしまった。事前にデジカメしてきた地図もちょうど切れていて役に立たず。しばしうろうろして小さな公園を見つけ、花見で盛り上がっていた。その一人に位置を尋ねて、やっとわかった。一本手前で左折してしまっていたのだ。有馬かしのき公園と川崎北高校のあたりでたぶん10分ぐらいを無駄にしたと思うが心理的にはもっと大きなダメージを受けた。しかし、そこからは思ったように南下し、横浜市都筑区に入る。
  立派なケヤキ通りのケヤキはすっかり散髪されてすっきりしていた。センター北駅前を通ると素晴らしく発展していた。昔更地だったところに巨大な建物が立っていた。歴史博物館裏の交差点にはゴリラが相変わらず拳を振り上げていた。センター南を過ぎ、中原街道に合流し、坂を上ったり下りたりして関戸交差点を左折1620時。だいぶ足が重くなってきたがまだまだ大丈夫だ。ららぽーと脇を通り鴨居人道橋を渡ると、十九桜(というらしい)が満開で花見がにぎやかに行われていた。橋の下でも同様。1644時、無事に帰宅。結局は4時間52分ほどかかったわけである。距離は不明だがたぶん26kmぐらいだろうか。大きなダメージはないが、月曜日、いや火曜日ごろ筋肉痛で苦しむことだろう。4月4日、渋谷から鴨居まで
Shibuya

|

« ハンノキハムシ?@新治市民の森 | トップページ | イタドリハムシ@梅田川 »

ウォーキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンノキハムシ?@新治市民の森 | トップページ | イタドリハムシ@梅田川 »