« ミヤマカワトンボ@七沢 | トップページ | The Girl Who Played With Fire by Stieg Larsson »

2010.06.23

ニホンカワトンボかアサヒナカワトンボ♂@七沢

R0028414
ミヤマカワトンボを観察しているとき、ふと左手にイトトンボが止まったので撮影しておいた。最初オオアオイトトンボかと思ったが、どうも雰囲気が違う。まず、いわゆる粉を吹いている点。胸部および腹部の1~3、7~10節が粉で白くなっている。次に川沿いの岩に止まった点。新治でよく見るオオアオイトトンボは植物によく止まり、あまりこういうところに止まるのを見たことがないような気がする。一枚撮ったところで飛んでしまったので尾部を詳細に撮影できなかった。粉の特徴からこれはアオイトトンボ♂と思う。もしかすると祝!初見である。もう少し粘って♀が現れるのを待ちたかったがヤマビルのおかげでこの地をすぐに離れることとなったのがちょっと残念。
★大間違いをしていました。翅の大きさや形などからこれはアオイトトンボでもオオアオイトトンボでもなく、ニホンカワトンボかアサヒナカワトンボのどちらかです。やすさんご指摘ありがとうございました。OH! my god!crying
下はハラビロトンボ♂。川沿いの浅い湿地に一頭だけとまって♀を待っている、いや待ちぼうけをくらっているようだった。6月20日、厚木市七沢にて
R0028476

|

« ミヤマカワトンボ@七沢 | トップページ | The Girl Who Played With Fire by Stieg Larsson »

トンボ」カテゴリの記事

厚木市」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

一枚目のお写真のトンボですがニホンカワトンボかアサヒナカワトンボだと思います。

投稿: やす | 2010.06.24 08:12

やすさん、ご指摘本当にありがとうございます。お恥ずかしいこと限りなしです。記事ごと消そうかと思いましたが訂正した上で敢えて恥をさらすことにしときますshock

投稿: はるきょん | 2010.06.24 12:21

はるきょんさん、記事を消す必要などありませんよ。誰にでも間違いはありますからね。間違えなければ覚えませんから。
しかしながら綺麗な生態写真ですね。いつも楽しみに見ております。

それでは失礼いたします。

投稿: やす | 2010.06.24 12:44

やすさん、あたたかいお言葉ありがとうござます。過ちを長い間さらさずに済んで良かったです。多謝。coldsweats01

投稿: はるきょん | 2010.06.24 21:23

はるきょんさん、こんばんは。
ハラビロトンボですね!
うゎ~、いいですねえ。
この光り具合。
この光ってる部分はいったい何なのでしょうか。
どんな機能があるのでしょうか。
あ、独り言です。

ところで先日教えてくださった所に行った時
ダニに刺されました。
あら、もしかしてツツガムシかしらん?
と心配でしたが熱も出なったのでただのダニでした。
けど、ツツガムシより気持ち悪~~いヒルが
神奈川県にはいるんですね!!
気をつけようと思いました。
見ただけで気絶しそうです。

投稿: ふるやのもり | 2010.06.29 21:26

ふるやのもりさんこんばんは。ハラビロトンボ♂の青く光る部分は前額部といいますが、眼よりも下なのに額というのが解せません。人間でも顔の一部をキラキラに光らせると魅力的に見えるという効果があるのでたぶんそういう性的魅力の意味があるのではないかと思います。ヤマビルは夏の丹沢山系に行くときは要注意ですね。秋から春にしか行ったことがないので今回初めて体験してびっくりしました。

投稿: はるきょん | 2010.06.30 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミヤマカワトンボ@七沢 | トップページ | The Girl Who Played With Fire by Stieg Larsson »