« シロオビアワフキ幼虫@四季の森公園 | トップページ | ニホンカワトンボかアサヒナカワトンボ♂@七沢 »

2010.06.22

ミヤマカワトンボ@七沢

R0028372
R0028394 R0028403
本厚木からバスに乗って七沢(ななさわ)というところに行ってきた。初めてのところなので国土地理院の5万図と2.5万図を頼りに歩いた。川は思ったよりも流れが激しくしかもコンクリート護岸でがっかりする。どんどん上流に向かうと支流にアオハダトンボを発見した。と思った。さっそく川に降りて観察する。翅が茶色なのでミヤマカワトンボだったのでちょっとがっかり。息をひそめて観察すると、オスが数頭飽きもせずに争いを続けている。メスも岩で休んでいたりする。時々水際で産卵をしていた。オスは腹部先端を上に曲げて白い下部を見せていた。アオハダトンボが出ないか待っていたが、出てこなかった。ま、祝!初見である。いろんな行動も見れたので嬉しかった。この日は薄ぐもりで蒸し暑く、午後からは凄い風が出てきて大荒れの天気模様となったが雨が降らなかったのでラッキーだった。写真は上から♂♀♂。
★がしかし、これを観察している最中にヤマビルに食われてしまった。川岸の手頃な岩をよせて椅子代わりにして座って撮影していた時のことである。ふと見た左手の指先にヤマビルがついていてびっくり!右手で引っ張って取ろうとしたがいくらでも伸びて取れない。何度もトライしてやっと左指から捕れたと思ったら、今度はすかさず右指にくっついてしまった。これもまたなんどかトライしてやっとのことで取り去った。背中がぞぞーっとした。その後ふと思いつき、ジーパンの裾をめくってみたらそこにはもう一匹のヤマビルがいたのだ。これも苦労して取り去った。体のあちこちを調べてみたがもう居ないようだった。そして、帰宅後、家族に指摘されてTシャツの肩が血に染まっているのに気づいたのだった。ひえー!リュックやTシャツやらなんやら再度慎重に調べたがヒルは見つからなかった。こういう意味ではとっても気持ちの悪い一日だった。あまりにびびったのでさすがにヤマビルの写真を撮る余裕はなかった(笑)。6月20日、厚木市七沢にて

|

« シロオビアワフキ幼虫@四季の森公園 | トップページ | ニホンカワトンボかアサヒナカワトンボ♂@七沢 »

トンボ」カテゴリの記事

厚木市」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん今晩は。ヤマビルですか。幸いにもまだ取り付かれたことがないので想像しただけで恐ろしくなります。これから山に行く機会が多くなると思うので気をつけたいと思います。七沢、いいとこらしいですね。岩の上のミヤマ絵になります。

投稿: 虫好き | 2010.06.22 20:18

大山~日向薬師~七沢温泉(七沢荘)で
特に冬場、日帰り温泉に浸かりました.
雪の降った日などに露天に入ると、特に気持ちが良かったです。
七沢荘、旅番組やドラマでも出てくることがあります。
山のガイドブックなどに、「七沢は本来ならさわと呼ぶ」と書いてありましたが
地元の人は、その事を話すと???って感じでした。
どうも奈良沢という地名が使われた時期もあったようです。

投稿: ジャワカ零 | 2010.06.23 09:49

それと、ヤマビルは
用木沢出合~犬越路~大室山~加入道山~白石峠~用木沢出合コースで
台風の直後に入って、川の橋が流されていて
川幅が狭いところで、川の中央付近の岩に飛び乗った処
苔で滑って撃沈したことがあり(^^ゞ
その時着替えてると、ヤマビルが臍付近と膝にくっついてました。
雨や湿度が高いと異常に出没します。
森ビルは海外に進出してるようですが
ヤマビルは、山から麓の町に進出してるようです。(^^ゞ


投稿: ジャワカ零 | 2010.06.23 10:02

ジャワカ零さんこんばんは。自分の場合は杉林をうろうろしたことと、河原の石に座って石になってじっとしていたことがヤマビルへの敗因かなぁ。それともしかするとヤマビルを厚木や町田、そして鴨居に拡散してしまったのではないかということを恐れています。shock

投稿: はるきょん | 2010.06.23 19:54

虫好きさんこんばんは。ミヤマカワトンボは七沢のかなり奥で撮影しました。その後移動してどんどん川を下って行きましたが、だいぶ下ってもまだまだ居たのであんなヒルのいるところで一生懸命撮影するんではなかったかも、と後で思いました。夏の丹沢ではヤマビル対策で塩やハサミを持って行くべきかもしれません。

投稿: はるきょん | 2010.06.23 20:08

ミヤマカワトンボの雄の腹は金属光沢で緑色に輝き奇麗です。
雌の翅の先端には白い偽縁紋がありました。
翅が真っ黒いハグロトンボとは別種であることが分かりました。

投稿: itotonbosan | 2014.02.04 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シロオビアワフキ幼虫@四季の森公園 | トップページ | ニホンカワトンボかアサヒナカワトンボ♂@七沢 »