« カブトムシ@新治市民の森 | トップページ | エゴツルクビオトシブミ♀とヒメクロオトシブミの識別 »

2010.07.26

オニヤンマ♂@新治市民の森

R0031140 R0031159
土曜日の午後、15時過ぎから新治に行ってみた。ヒグラシが鳴いていた。なんだか今年はアブラゼミが活躍する前にヒグラシの季節になったのか?現地に着いてほどなく日が傾き、ほとんど日影になったのでそれほど暑苦しくはなかった。トンボ池ではコシアキトンボ、シオカラトンボを見たが、その他に別の黒っぽいトンボが時々現れて、池をぐるっと回って出て行った。これはたぶん未見のトンボと思い、だいぶ粘ったが3度ほど現れたが結局しっかりと見れなかった。サイズはシオカラトンボぐらいだった。
大正池には全く誰もおらず、自分にとっては異様な光景だった。カワセミがおり、ギンヤンマ、コシアキトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボなどが見られた。しばらくするとオニヤンマが上空を飛び始めた。森バックだとトンボがよく見えないので開けた場所に移動し、なるべく空バックが広い所に陣取って、上空のトンボを観察した。かなり高いところをオニヤンマより小さなトンボが飛んだ。翅は透明。その後何度かオニヤンマ以外のトンボが飛んだがよく分からなかった。いけぶち広場近くで人の胸の高さを飛んできて自分の目の前でUターンしたトンボがいた。これも何度か見れたがよく分からなかった。眼で見るか双眼鏡で追うかなかなか見極めがつかないのだ。夕方のトンボもなかなか面白そうだが、困難度が高い。
写真は休んでいるところを見つけたオニヤンマ♂。3cmまで寄れたのでこのあと手捕りしてみた。大きな口を開けて噛みつこうとした。トンボを手持ちするのはいつ以来だろうか。ドキドキした。眼の緑色が鮮やかだ。翅の破れなどもなく新鮮な個体だった。一通り撮影してからもとのイチジクの樹に戻してやったらじっとしていて、さらに撮影できた。しばらくして思い出したように飛んで行った。驚かせて御免なさい。7月24日、新治市民の森にて

|

« カブトムシ@新治市民の森 | トップページ | エゴツルクビオトシブミ♀とヒメクロオトシブミの識別 »

トンボ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カブトムシ@新治市民の森 | トップページ | エゴツルクビオトシブミ♀とヒメクロオトシブミの識別 »