« オニヤンマ♂@新治市民の森 | トップページ | オオヤマトンボ@新治市民の森 »

2010.07.27

エゴツルクビオトシブミ♀とヒメクロオトシブミの識別

R0027013 R0027021 
先日オトシブミハンドブックという本を手に入れた。文一総合出版から出ているハンドブックの一つだ。この出版社から出ている樹皮ハンドブック、昆虫の食草・食樹ハンドブックというのを持っている。他にもサクラとか紅葉とかスイレンとかのマニアックなハンドブックが出ている。バーダーの出版社でもある。でオトシブミハンドブックを手に入れてからどうにも揺籃を探したくてたまらない。そしてドロハマチョッキリイタヤハマチョッキリを見たい。ところが、そういう想いを胸に現地に出ると妙に見つからないのである。
で、しかたなく過去の写真を眺めていると、ヒメクロオトシブミと思っていた個体が、エゴツルクビオトシブミであることに気づいたのである。ヒメクロオトシブミ黒色型エゴツルクビオトシブミ♀はとてもよく似ているが、後頭部の角度が違う。ぷっくりしている(頭部が丸っこい)のがヒメクロでエゴツルクビはなだらかである。上の写真がエゴツルクビオトシブミ♀(5/30四季の森公園にて撮影)で、下がヒメクロオトシブミ(6/26北八朔公園にて撮影)である。★タイトルその他一部訂正しました。ヒメクロオトシブミは♂♀の差がほとんどないので識別は容易ではない。
R0028601 R0028607

|

« オニヤンマ♂@新治市民の森 | トップページ | オオヤマトンボ@新治市民の森 »

オトシブミ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん、こんにちは。
私、まだオトシブミって出会ってないです。
というか、単に、ちゃんと見つけられないだけだと思いますが。
なんか、かなり小さくて、私などには判別難しいです。

文一総合出版の「日本のカミキリムシハンドブック」
「樹液に集まる昆虫ハンドブック」
「昆虫の食草・食樹ハンドブック」
「昆虫の集まる花ハンドブック」
…は、図書館で借りたことがあります。

「虫こぶハンドブック」というのも出ていて、
結構面白そうなので、今度借りたいと思っています。

投稿: ジャワカ零 | 2010.07.28 15:37

ジャワカ零さんこんばんは。こういう5mm程度の昆虫はよく探さないとなかなか目に入りません。見つけてもよほど眼が良くないと識別は容易ではありません。写真をちゃんと撮ってからPCで識別というのが多いです。文一総合出版のハンドブックシリーズは書店で見るたびにいちいち欲しくなるので困ったもんです。think

投稿: はるきょん | 2010.07.28 21:45

こんばんは、はるきょんさん。
葉っぱが不自然に巻かれたりしてると
もしかして居るのかな、なんて事やってますが
先日コンタクト交換して少し見やすくなったのですが
何しろ「離せば判る歳」…なもんで。weep

YouTubeで、「オトシブミの揺籃 」を今見ながら書き込んでます。
説明文入りで、判りやすいです。

[[アドレス(URL):(任意)]]に、
URLをいれときました。

投稿: ジャワカ零 | 2010.07.28 23:15

ジャワカ零さんこんばんは。youtubeにはこんな映像もあるんですねぇ。勉強になります。youtubeでは最近、昔聞いていた音楽を探したりして楽しんでいます。今日は吉田美奈子のフラッパーを見つけて喜んでいたところです。ただチョッカイだけが見つからないので明日ツタヤに行ってみようかなと。

投稿: はるきょん | 2010.07.29 20:12

Oldies but Goodies

youtubeって意外と珍しいライブ映像とかあったりしますよね。

また、youtube鳥の囀りとか覚えるのに
見てた時期もあります。

投稿: ジャワカ零 | 2010.07.30 21:08

メスとヒメクロオトシブミの違い、参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: shino | 2014.05.27 11:26

shinoさんこんばんは。コメントありがとうございます。新たに覚えることと忘れていくことがほぼ同数のようで、過去の記事も自分も参考になりますcoldsweats01

投稿: はるきょん | 2014.05.27 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オニヤンマ♂@新治市民の森 | トップページ | オオヤマトンボ@新治市民の森 »