« The Girl Who Kicked The Hornet's Nest by Stieg Larsson | トップページ | セスジスズメ終齢幼虫@鶴見川 »

2010.08.28

瀕死のギンヤンマヤゴ救出作戦@鶴見川ビオトープ

R0033517 R0033518
先週21日もビオトープの水位が下がっていたが、本日(8月28日)はもうほとんど水が無くなっていた。恐れていた事態だ。一応長靴が必要な程度のどろどろの底が露出していた。何箇所かある深い場所に水が残っていないか探してみた。もし水が残っているならばヤゴが水を求めて集結しているはずと思ったのである。ところが深みに至るまですべて干上がっていた。そしてヤゴが二頭無残にも転がっていた。異常な暑さのために徐々に干上がってゆくビオトープの中で水を求めてあちこち移動しながらこの地点に集まり、しかしここでも水がだんだん無くなってゆく中でついに息絶えたのだろう。あーなんということか。しかし、一応念のために手を触れてみたところなんと生きていた。二頭とも。そこで羽化殻回収ケースに二頭を収容し、とりあえず一番近くの水場まで走りケースに水を満たしてみた。すると驚くべきことに、一瞬にして元気を取り戻したのであった。水の中をぴんぴんして泳ぎ回るのであった。間に合ってよかった。体にこびりついていた泥が落ちると、産卵管が見えたのでメスであった。もう一頭は分からなかった。
さて、このギンヤンマヤゴはどうすべきか。このビオトープではもう生きてゆけない。自宅で飼うか。餌のことや明らかに予想される家族のネガティブな反応のことを考え、責任を持って羽化まで育てられる自信がまったく無いことを再確認した。というわけで次善の策として、絶対に水の枯れない鶴見川にその運命を託すことにしたのであった。黒王号で鶴見川まで走り、水辺に降りた。遠くにアオサギが止まっていた。岸辺の小石にハグロトンボがぴらぴらしていた。ハクセキレイが飛んできてハグロトンボは移動した。大きな魚(たぶんコイ)が大きな音をたてて自分から離れて行った。シオカラトンボが♀を探しながら飛んでいる。水面をツバメがかすめて飛ぶ。これまでのビオトープにはたぶん天敵は居なかったはずだ。だがここではいろんな天敵がうようよしている。アメリカザリガニミシシッピアカミミガメもいるのだ。餌が豊富で食うに困らなかったビオトープと比べてここ鶴見川ではどうだろうか。止水域流水域の違いもある。最近は雨が降らないが、上流に夕立ちが降れば水位は一挙に上がり激しい流れで流されてしまうかもしれない。いろいろとヤゴの将来を案じたが、この川に命を委ねるしかないので、岸辺のなるべく流れの緩やかで植物が水の中に複雑な構造をなしている場所を選んで二頭を放した。すぐに植物の茎にしがみつき、隠れるように裏側に回った。サイズは30mm程度だったのでうまくすれば9月には羽化出来るかもしれない。出来ればなるべく早く育ち、羽化してほしい。羽化が来春だと、それまで生き延びる可能性が時間に比例して下がると思うからだ。
非常に心配ではあったが、今後の無事を祈りつつ鶴見川を後にした。さて、ビオトープはこれからどうなってしまうのだろうか。もしかしてもうヤゴは全滅かもしれない。孵化前の卵なら乾燥には比較的強いので生き延びるかもしれない。このようにトンボは自然の織りなす気まぐれに左右されながら爆発的に増えたり、一挙に減ったりしながらもなんとか生息域を確保しながら生き延びているのだと思った。8月28日、鶴見川ビオトープにて
R0033523 R0033524 R0033528 R0033525

|

« The Girl Who Kicked The Hornet's Nest by Stieg Larsson | トップページ | セスジスズメ終齢幼虫@鶴見川 »

トンボ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん今晩は。救出作戦お疲れ様でした。crying山の方は雨が降っているようですが、平地は全然降りませんね。無事羽化してくれるといいですね。自分もG.W中に行った山道で、車のわだちに溜まった水たまりにたぶんヒキガエルだと思われる卵塊があるのを見つけて、このままだと水が枯れて全滅か車に引かれるかだと思い、両手ですくい沢まで何往復も卵を運びました。

投稿: 虫好き | 2010.08.28 23:19

虫好きさんこんばんは。こう暑くては外出するのも気が重いので最近は停滞気味です。今日は頑張ってビオトープを確認に行きましたが昨日以上にかちかちに干上がったいたのでヤゴはもう望めなくなったようです。weep

投稿: はるきょん | 2010.08.29 20:12

彼らの生命力に期待したい所です。いつまで続くんでしょうかこの暑さは。今日はがんばって午前中だけヒヌマを探しにジャワカ零さんのテリトリーに行ってきましたが、場所が特定できずアジアイトトンボを見ただけで帰ってきました。

投稿: 虫好き | 2010.08.29 22:46

お早うございます、はるきょんさん。
鶴見川ビオトープ大変なことになってますね。
GoogleMapで、ここの場所なんじゃないかなって所があるのですが
駅からそば|橋のそば|川の直ぐそば
…の条件なんですが
一度、探索しようと思っていたんですが
やっぱり違うかな。coldsweats01

虫好きさん、わたしは土曜の午前中七時頃から行ってたんですが
干潮表を確認しないで行ってしまい、川岸にそっと踏み込むと
長靴上部までズボッて感じで、少しひくのを待ってから探索したんですが
先週はそこそこ居たんですが、今回はなんと♂一頭しか発見できずでした。
観察には九月一杯がいいとこなんで、週末は暫く足を運びそうです。
ご存知の様にヒヌマは絶滅危惧種とされるトンボで
生息している場所もごく限られている様です。
世の中には思わぬことをする人もいるのが実情です。
そういった観点から撮影場所を特定出来る様な情報は流せないのですが
土曜の午前中は、六郷干潟に大概行ってますので
ロープロの黒のフリップサイド400を背負ってグレーの長靴を履いている
怪しげなオッチャンshadowを見たら、気安く声を掛けてください。
合い言葉は、「チオッ」「ビタッ」です。good

投稿: ジャワカ零 | 2010.08.31 10:10

虫好きさんこんばんは。この暑い中、新しい場所を探しに出るとは!その根性見習いたいです。できれば神奈川側で再発見の記録を作ってもらいたいです。happy01

投稿: はるきょん | 2010.08.31 20:25

ジャワカ零さん。場所についてはコメントは控えておきます。実は今日の朝も早起きして確認しに行ってみたのですが、ますますカラカラに干からびていてひび割れが全面にいきわたっていました。朝からがっくりです。とにかく雨が欲しいです。rainwobbly

投稿: はるきょん | 2010.08.31 20:28

はるきょんさん、こんばんは。
この間の日曜日に、氷取沢からあちこちあの辺りをフラフラして
最後に金沢文庫の方に下ろうとしたのですが
途中のトンボ池?!も、全く水がなかったです。
救いは、ムラサキシジミに始めて綺麗な紫を見せて貰えたことです。

投稿: ジャワカ零 | 2010.08.31 21:47

>場所についてはコメントは控えておきます。

いいんですよ。
想像してることが楽しいんですから。
Just My Imagination.coldsweats01

投稿: ジャワカ零 | 2010.08.31 22:08

はるきょんさん、川崎側にいてもおかしくないのですが、どうでしょうかね。
ジャワカ零さん、是非お会いしたかったのですが、日曜日に行く予定でいます。後は来年かな。『チオッ』『ビタッ』やりたかった。
場所についてはお気になさらずに、承知しております。
週末は避けて(ここ大事)雨が降ってくれる事を祈りたいです全ての生き物の為に。

投稿: 虫好き | 2010.08.31 22:11

虫好きさん、こんばんは。
ここの所、笹が伸び放題に伸びているのですが
笹等と芦原の間に、入り込まないとヒヌマはいないと思います。
そんな訳で、長靴必死になるわけです。
芦原の縁(川岸と言えばいいのか?! 頭悪いの丸出しcatface)にいる、
又は芦原からでてきて
笹等にチョロチョロでてきたのが狙い目だと思います。
あと、朝五時~六時がイイって話です。
私は、起きられると言えば起きられるのですが
朝、食事しないとどうにも体が動かないので
そんなことをしてる内に、つい遅くなってしまいます。
ともかく虫好きさんの健闘祈ります。
見つかるとイイですね。camera

投稿: ジャワカ零 | 2010.08.31 23:59

ジャワカ零さんこんばんは。トンボについていろいろな資料を調べていると円海山が出てきて、いつか行ってやろうと思っています。でもよく考えると瀬上市民の森を通って六国峠ハイキングコース経由で赤井温泉というランを何度かやっているので近所は通っているんですよね。

投稿: はるきょん | 2010.09.01 20:15

そうそう、ジャワカ零さん。「チオッ」「ビタッ」いいですねぇ。菅野美穂いいですねぇ。happy01

投稿: はるきょん | 2010.09.01 20:19

では、今度はるきょんさんにお会いした時は『チオッ』『ビタッ』といきましょうか?『ファイト~』『いっぱ~つ』にしましょうか?
瀬上市民の森~氷取沢市民の森~金沢市民の森~自然観察の森あたりはお薦めです。
ジャワカ零さんさんありがとうございます。
先週は6時半ごろ現地に着いたので、今度はもう少し早く行ってみます。長靴は穴が開いてしまいまだ新しいのを購入していないので、この間はゴムサンダルでジーンズを膝までまくって水に入りました。その方が長靴より深く水に入れるので。

投稿: 虫好き | 2010.09.01 21:46

虫好きさん、「チオッ」「ビタッ」でお願いします。長靴の不快感に苛まれると、別のことを考えます。川ならば半ズボンに裸足、スポサンが可能ですが、ずぶずぶの池となるとやっぱり長靴かウェーダーになりますよね。

投稿: はるきょん | 2010.09.02 19:41

虫好きさん
今年は、もしかしてヒヌマ終わってしまったかも知れません。
今朝行って来たんですが、一頭も見られませんでした。
来年、5,6月が出だすので多く見られそうな時に
行った方がよいと思いますよ。

投稿: ジャワカ零 | 2010.09.04 18:12

ジャワカ零さん今晩は。ジャワカ零さんが見つけられないのであれば来年に行こうと思います。長いな~。情報ありがとうございました。
はるきょんさん、関係ない書き込みですいませんでした。

投稿: 虫好き | 2010.09.04 22:39

こんにちは、はるきょんさん。

>でもよく考えると瀬上市民の森を通って六国峠ハイキングコース経由で赤井温泉というランを何度かやっているので近所は通っているんですよね。

古いログ読んでみましたが
今のような時期汗かいた後に、能見堂跡~赤井温泉spa~金沢文庫駅って
コースいいかも知れません。
汗かいたまま、電車乗り込むのって周りが迷惑してるんじゃないかと思うので。

投稿: ジャワカ零 | 2010.09.05 12:18

ジャワカ零さんこんばんは。涼しくなったらまた銭湯ランやりたいんですが、いつになるのでしょうか?円海山のトンボ観察もそそりますが、暑くて意欲が不足気味です。gawk

投稿: はるきょん | 2010.09.05 20:17

こんばんは、はるきょんさん。
普段台風とか迷惑なんですが、此処まで雨が降らないと
何でもイイから降ってくれって感じになってきますね。
暑さによる疲労が、ジワジワと蓄積してきているんですけど
もう少し頑張るしかないですね。

投稿: ジャワカ零 | 2010.09.06 21:30

ジャワカ零さんこんばんは。ほんとに何でもいいから雨が降ってすずしくなってほしいです。みんなで台風を呼びましょう、関東南部に。rainthunder

投稿: はるきょん | 2010.09.07 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« The Girl Who Kicked The Hornet's Nest by Stieg Larsson | トップページ | セスジスズメ終齢幼虫@鶴見川 »