« ヒメアカネ♂@新治市民の森 | トップページ | オニヤンマ@新治市民の森 »

2010.08.31

ヤマカガシ幼蛇@新治市民の森

R0033459 R0033458
新治市民の森のいけぶち広場脇の山道で細いヘビを見つけた。すごく細い。細いが意外に素早く移動する。黒と黄色と赤の複雑な模様ヤマカガシである。全長は20cm程度ぐらいだろうか。こんなに小さな幼蛇ではあるが、やはりどきどきして観察・撮影した。この夏生まれたばかりの幼体と思われる。
しかし、ヘビはよく見かけるがマムシを見たことが一度もない。四季の森でも新治でもアオダイショウ、シマヘビ、ヤマカガシだけのような気がする。「マムシに注意」の看板はあちこちにあるが、いったいこの地域にマムシは生息しているのかどうか疑問になってきた。
おまけはトウキョウダルマガエル。トウキョウダルマガエルはダルマガエルトノサマガエルの自然交雑の子孫とされているが、この個体では背中の緑色の中央線と眼を通過する左右の赤っぽい背側線はトノサマガエル的であり、小さめの黒色斑が背中に点在する点がダルマガエル的である。このトウキョウダルマガエルは特殊な分布をしていて関東地方・仙台平野などに限られる。
さてこういうカエルは生態系上の位置ではヘビの餌になる存在である。そしてトンボのヤゴはこのカエルに食べられる存在である。
8月22日、横浜市緑区新治市民の森にて
R0033415

|

« ヒメアカネ♂@新治市民の森 | トップページ | オニヤンマ@新治市民の森 »

両生類」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

爬虫類」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

ヤマカガシは、奥多摩の御前山にカタクリの群生を見に行った時に
余りの登山客の多さにウンザリして、下山途中に途中から
枝道に入りわざわざ駅から遠くのバス停まで下ったのですが
その時、ほとんど使われていない登山道なので
ヤマカガシのホントに小さな奴が、道の真ん中でポカポカした
日差しの中で昼寝していたので、落ちていた小枝で擽ると
凄いチビなのに舌を出して威嚇していました。
その個体は、はるきょんさんが見たこんな綺麗な色ではなく
赤味も黒味も無く、褐色のみの個体でした。

投稿: ジャワカ零 | 2010.08.31 22:04

こんにちは。
ヤマカガシのお写真をお借りできないかと思いコメントさせていただきました。
メールアドレスを添えさせていただいております。

当方は市町村の福祉教育関連に勤める者で、用途は町民への資料及び教育用ビデオへの掲載です。
資料及び教育用ビデオは無料です。

ご連絡を頂戴できましたら詳細をお知らせ申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 仮名 | 2015.07.19 00:38

仮名さま。メールさせていただきました。

投稿: はるきょん | 2015.07.20 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒメアカネ♂@新治市民の森 | トップページ | オニヤンマ@新治市民の森 »