« ギンヤンマヤゴ@鶴見川ビオトープ | トップページ | メスグロヒョウモン♀@四季の森公園 »

2010.08.08

マユタテアカネ@四季の森公園

R0032249
四季の森公園菖蒲池の上に小さな池があり、勝手にトンボ池と呼んでいる。ここではオオシオカラトンボ、シオカラトンボ、オニヤンマなどが見られた。少し離れた斜面で小さなアカネを見つけた。かなり小さい。よく見ると翅先に黒斑があり、顔面に鼻斑がある。え~っと....翅先に斑があるのは...コ・ノ・リスじゃなかったっけか。コノシメトンボ・ノシメトンボ・リスアカネ。で、鼻斑があるのは....???この胸の模様は....
結局思い出せず、自宅で確認とあいなった(笑)。この個体はマユタテアカネ♀。翅先に黒斑があるのはコノリスマユメスと覚え直すこととしよう。シーズン初めはだいたいこんな感じで、徐々に思い出してゆこう。マユタテアカネの♀には黒斑がある個体もあり、無い個体もあるのだ。
下は別個体でマユタテアカネ♂。腹部先端にかけての下にカーブした形と腹部先端のキュッと上がった尾部付属器の形が特徴的である。オスなので翅先に黒斑はない。
一番下はこの後行った、新治市民の森で見つけたマユタテアカネ♀の黒斑のないタイプ。真上から撮影できた。翅の根元がかなり黄色っぽい。そして尾毛が白い。
さて、マユタテアカネの体長は約35mmであるが、キイトトンボとほぼ同じ、アオモンイトトンボも30~35mmなのでほぼ同じ。小さいはずである。8月6日、四季の森公園にて
R0032351 R0032355 R0032395

|

« ギンヤンマヤゴ@鶴見川ビオトープ | トップページ | メスグロヒョウモン♀@四季の森公園 »

トンボ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

お早うございます、はるきょんさん。
「この毬」で覚えたのに
「コノリスマユメス」は、今市覚えにくいです。coldsweats01
土曜日、大森山王の蘇峰公園に、一頭のみ居ました。
今のところ、初見が多いのでとても嬉しいのですが
同定すむまでは、モヤモヤさまぁ~ず状態です。down

投稿: ジャワカ零 | 2010.08.09 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギンヤンマヤゴ@鶴見川ビオトープ | トップページ | メスグロヒョウモン♀@四季の森公園 »