« 紅葉狩り4@鶴見川土手 | トップページ | オカヨシガモ@新横浜公園 »

2010.11.22

紅葉狩り5@鶴見川土手

R0039919
標本箱の落葉は湿らせた状態で撮影する。なるべく明るくした室内で三脚を利用して撮影キットを組む。A4のプリンター用紙を重ねてバックとする。あまりに濡れた葉はティッシュで水分を取り、綺麗に並べる。露出に最新の注意を払って2~3枚づつ撮影する。フラッシュはオフにする。葉によってはすぐにちりぢりにねじれ始めるものがあるのでさっさと撮影する。PCのソフト(自分はJtrim)で白バックがなるべく真っ白になるように調整する。これがなかなか難しい。明度を上げるのとコントラストを上げるどちらを優先するかなどまだまだ試行錯誤である。今回の写真は四季の森の時のよりも少し上手になったので綺麗にできたと思う。
R0039898 R0039901 
鴨居人道橋脇のサクラ十九桜と名づけられているとどこかで読んだことがある。黄色っぽいものと赤っぽいものがあった。葉裏は黄色っぽい淡褐色。他の葉と比べるとかなり大きくずっしり感もあり立派な葉である。葉柄の葉側にポツポツと腺体がある。

R0039903
コナラ。この葉は枝の途中からまとめて落ちていた。落ちている葉は茶褐色に脱色したものがほとんどだが、これは黄色くて美しく目立っていた。鋭く大きめの鋸歯がある。

R0039905
ムクノキ。細かく鋭い鋸歯があり、葉は表裏共にざらつく。葉柄は短く葉先が尖る。赤いものはなく緑から黄色がほとんど。

R0039909
アカシデ。細目で葉柄が長め。鋸歯にリズムがあり、大きな歯の間に小さい歯がある(重鋸歯という)。葉の長さは65mm程度。黄色から赤まで様々なグラデーションがあった。

R0039914
ヤブデマリ。葉の縁から茶褐色化が進むようだ。葉の中央部の緑はやがて黄色になる。葉脈の並びがどこか幾何学的な印象だ。鋸歯がある。カツラの葉に似た丸っこいハート型をしている。葉の長さ(葉柄を含まず)は約65mm程度。

R0039921
ニシキギ。小さな葉で葉柄は特に短い。葉柄までも赤い。すごく細かい鋸歯がある。葉脈はまったく目立たずのっぺりした印象。色は赤紫ぽい。ワインレッドというのかな。葉の長さは30mmから60mmぐらい。葉先が尖る。
11月20日、鶴見川土手周辺にて

|

« 紅葉狩り4@鶴見川土手 | トップページ | オカヨシガモ@新横浜公園 »

★特選記事★」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉狩り4@鶴見川土手 | トップページ | オカヨシガモ@新横浜公園 »