« セグロカモメ秋の換羽状況@三浦海岸 | トップページ | マユタテアカネの翅@新治市民の森 »

2010.11.11

マユタテアカネ産卵@新治市民の森

R0039215 R0039229 R0039232 R0039233 R0039281
日曜日には久しぶりに新治市民の森に行ってみた。秋の新治を散策しとかないとあっという間に冬になってしまいそうな気がしたのだ。天気も良いし富士山も見えたし、ちょっと楽しみでもあった。
途中でカモの渡来状況などチェックしながら鶴見川恩田川梅田川を経由していけぶち広場に到着すると、愛護会による活動の真っ最中であった。御苦労さま。
いけぶち広場下の湿地は日が当り、暖かく、マユタテアカネが活発に飛びまわっていた。じゅくじゅくの湿地ではカップルが何ペアか産卵していたのでシューズに水がしみるのを気にしながらしゃがんで観察・撮影した。だが動きが大きくとても速いのでなかなか枠を捉えられない。水に卵を落とし上に戻った一瞬を狙って何枚もシャッターを切った。コンデジではこれくらいが限界かもしれない(リコーさんに叱られるかな)。マユタテアカネの産卵はもしかすると初見かもしれない。一応祝!
ツンと上を向いた♂の尾部付属器をどう使って♀を掴んでいるのか、非常に気になる。角度的にものすごく無理じゃないか?と思うのだ。
というわけで、この結合部が一番マシに写っている写真を選んで拡大してみたのが下。
♂の尾部付属器は写っている。そして、♀の後頭部のクローズアップだ。胸側になにかの突起が見える。これをつかむのだろうか。このテーマは次回にお預けとしよう。11月6日、横浜市緑区新治市民の森にて
R0039231 R0039202

|

« セグロカモメ秋の換羽状況@三浦海岸 | トップページ | マユタテアカネの翅@新治市民の森 »

トンボ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セグロカモメ秋の換羽状況@三浦海岸 | トップページ | マユタテアカネの翅@新治市民の森 »