« アキアカネの尾部付属器 | トップページ | タイミルセグロカモメ@三浦海岸 »

2010.11.06

空から魚が降ってきた@三浦海岸

R0039091 R0039092
先日の日曜日にカモメ識別ハンドブック改訂版を入手してから、旧版からの改訂点をいろいろと勉強していた。入手できたのが10月末というベストタイミングであったこともあり、カモメを見に行きたい病に二日ほどかかっていた。そういうわけで水曜日の文化の日は約半年ぶりに三浦海岸に行ってきた。
しかしカモメの話は後にして、この日はびっくりするような体験をしたので紹介したい。
朝8時から昼の14時まで海岸でカモメを観察・撮影し続けへとへとになっての帰り際、海岸沿いの駐車場でのこと。海岸では地引網の収穫で大勢の観光客が賑わっているのを横目にヘロヘロしながら歩いていたら、何と空から何かがべちゃっと落ちてきたのだ。近寄ってみるとなんと魚だった。銀色に光り異様に長い口をした細長い魚だった。サンマに雰囲気がちょっと似ているか。おそるおそる拾い上げてみた。すでに息絶えていた。長い口には短く鋭い歯がずらりと並びやすりのようだ。触れると指に棘のように刺さる。体長は40cmぐらいか。銀色に光り、実に美しい。珍しいと思ったのでしばらく持ち歩き、海岸で地引網の案内係をしていた地元民らしき男に聞いてみた。サヨリに似ているようだけどなんだか分からないねぇ港のヨーコみたいな感じで)とのことだった。もしかしたら食べられるかもしれない(笑)のでどうにかして持ち帰ろうかとしばらく持っていたが、手が青臭くなってしまい、結局は浜に放置してきた。
帰宅後ネットで魚のことをいろいろ調べたが、○○の仲間というところからして不明なのでえらく手間取った。疲れていたのなか、相当の時間を費やしてやっとたどり着いたのがなんと
動物界・脊索動物門・顎口類・真口類・硬骨魚類・条鰭亜綱・新鰭区・刺鰭上目・スメグマモルフォ系ボラ亜系ダツ目・トビウオ亜目・ダツ科・ダツ属ダツ というものらしい。

つまりダツだ。
ちなみに浜の男が教えてくれたサヨリもダツの仲間で、ダツ目サヨリ科サヨリ。またサンマはダツ目サンマ科サンマ。ついでにメダカもダツ目メダカ科だそうだ。
さて、この魚ダイバーには恐れられているらしい。この尖った口で刺されると大変なことになるらしいという。さもありなんである。
ところで空から降ってきたダツの謎はすぐに解けていた。下がその答えである(笑)。11月3日、三浦海岸にて
R0039001

|

« アキアカネの尾部付属器 | トップページ | タイミルセグロカモメ@三浦海岸 »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

魚類」カテゴリの記事

コメント

今晩は、ご無沙汰しております。頭に刺さらなくて良かったですね。以前東名高速で渋滞にはまっている時にすぐ目の前にハトが落ちてきてびっくりしましたが、はるきょんさんの記事を読み、なるほど猛禽類に襲われた可能性があると今更ながら思ったしだいです。

投稿: 虫好き | 2010.11.06 22:29

チオッ!虫好きさん、こんばんは。ハトが落ちてくるのもすごいですね。オオタカなどに襲われたのでしょうか。この魚は地引網の収穫の一部で、たぶん雑魚に分類されていたものをトビが失敬したものと思われます。他のトビに絡まれて落としたようでした。そう言われてみれば、自分に刺さらなくてよかったです。coldsweats01

投稿: はるきょん | 2010.11.07 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アキアカネの尾部付属器 | トップページ | タイミルセグロカモメ@三浦海岸 »