« 最後の紅葉@四季の森公園 | トップページ | サザンカ満開@鶴見川土手 »

2010.12.22

ウミネコ落鳥@三浦海岸

※9ヶ月も前の出来事で、公開しようかどうしようか迷っているうちに埋もれてしまっていた記事を再発見したので年を越す前に公開したい。
R0020534 R0020532 R0020519
 三浦海岸の浜辺にはいろんなものが打ち上げられていて、風の吹きだまりにもいろんなものが吹きだまっている。はほぼ鳥に食べられてしまっている。強風のためかワカメも結構打ち上げられていて、これは漁師さん(?)が回収しているようだった。貝殻はたくさんあって、これはこれで本気で探せばいろんなものがありそうで楽しいだろうと思う。そしてこの日はなんとウミネコが落ちていたのだ。黄色に赤と黒の帯の嘴、太い黒帯のある尾羽ですぐにそれと分かった。肉は食べつくされていてペシャンコになっていた。カラスかトビが食べたのだろうか。羽は食べられないのでこうして残ったわけだ。おそるおそる初列風切を伸ばしてみたら、これが結構大きい。翼角から先端まで30cmぐらいはあった。嘴は黄色と赤と黒が複雑な模様を織りなしていた。下嘴の根元部分が黒っぽいがこれは死後の変色かもしれない。触ってみないと分からないことがあると思うが、今回はそれ以上触ることができず、ちょっと残念だった。ウミネコ成鳥と思われる。怪我か病気か事故かあるいは猛禽にでも襲われたか。ヒトの不注意が原因でなかったということを望みたい。合掌。一番下はウミネコ成鳥夏羽。2010年3月20日、三浦海岸にて。
R0020516 R0020703

|

« 最後の紅葉@四季の森公園 | トップページ | サザンカ満開@鶴見川土手 »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の紅葉@四季の森公園 | トップページ | サザンカ満開@鶴見川土手 »