« 負傷ミユビシギ@三浦海岸 | トップページ | このペーパーバックがすごい!2010 »

2010.12.06

ナマコなど@三浦海岸

三浦海岸で半日過ごすと、いろんな人を見かけることになる。この日一番ムカついたのは、若いランナー3人が浜に降りてきて休んでいるカモメの群れを追い散らし、ヒャッホーなどと叫びながら走り去った時であった。たぶん大学生ぐらいと見たが、まったく小学生のガキでもしないような行動で、びっくりし、あっけに取られ、最後に怒りが湧いてきた。そんななか一番興味を引いたのはたぶんビーチコーミングの男だった。浜に打ち上げられたいろんなものの中から何かを探しているようで、浜を秒速10cmぐらいでゆっくり進んで探索していた。こういう人はカモメも無視していて、ものすごく近づいても逃げずに休んでいた。彼は結局何も拾わずに行ってしまったが。そういうわけで自分もちょっとだけ真似をして、面白そうなものを探してみた。

R0040756
まずはナマコ?鮮やかなピンク色の何かの臓器のような感じで気持ち悪かった。触ると少し動いたので生きていたものと思われる。全長25cm程度。

R0041275 R0041276
二番目はまったくなんだか不明。直径6~8cmぐらいの円盤型。調べてみたところタコノマクラというものらしい。ウニの仲間だそうだ。これを漂白するときれいな外骨格標本ができるらしい。

R0041277
この巻き貝はかなり綺麗な形だったので持って帰ろうかとも思ったが、持ち帰っても結局困ることになりそうだったのでやめておいた。
★フジツガイ科ボウシュウボラと思われる。12月28日、追記。

R0041362 R0041363
四番目はヒトデ。いわゆる星型のヒトデの骨?どちらが上かは不明。

R0041364 R0041366
五番目はカレイかヒラメ。左ヒラメに右カレイというが、この写真ではどう見れば良いのかまったく不明。少なくとも背びれと腹びれがどちらかが分からないと右も左も分からない。カモメが突いていたときに人が通ったため、放棄したもの。つついた穴が開いている。ひとしきり撮影したあと近くのセグロカモメにやろうと手に持って近づいたらセグロカモメはちゃんと分かっていたようでこちらの動きに反応して、期待の眼で待っていたので、ほれっと放ってやったが、次の瞬間大きな波がやってきてあっという間に持っていかれてしまい、自分もカモメも呆然。12月4日、三浦海岸にて

|

« 負傷ミユビシギ@三浦海岸 | トップページ | このペーパーバックがすごい!2010 »

その他生物」カテゴリの記事

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

魚類」カテゴリの記事

コメント

コメントから失礼いたします。
私は子供向けのテレビ番組を制作しておりまして、現在ヒトデの骨の写真を探している次第です。
つきましては、上記のブログに投稿されているヒトデの骨の写真をお借りできないかと思いまして、そのご相談でコメントさせていただきました。
こちらの都合で大変恐縮ですが、時間が差し迫っていますので、添付したメールアドレスにお早めのお返事を頂戴できると幸いでございます。
何卒、よろしくお願いいたします。

投稿: 小林 | 2017.08.03 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 負傷ミユビシギ@三浦海岸 | トップページ | このペーパーバックがすごい!2010 »