« 胃カメラ体験談 | トップページ | オオアオイトトンボ@新治市民の森 »

2010.12.12

カモメ以外の鳥@三浦海岸

12月4日に三浦海岸で撮影した大型カモメ以外の鳥を紹介する。

R0040724 R0040730
このハシボソガラスは、どういう訳か突然飛んできて自分のそば1m地点にとまって、ひとしきり騒いで行った。口の中が赤いのがよく見えた。このサイズの野鳥にこれだけ近づかれると、画角的に経験がなく(ほとんど望遠ばかり)、かなり慌ててワイドに戻して撮影した。また黒い鳥なので露出も難しく、ちゃんと黒く撮れたのは数えるほどだった。いやぁ、とにかくびっくりした。

R0041003
ウミネコはこの日、数えるほどしかいなかった。海岸ではなくどこか沖の水面にでも集まっていたのかもしれない。目つきの悪さ、嘴先端の赤と黒。かなりダークな翼と初列先端の白斑。尾の黒帯。首回りに斑。ウミネコ成鳥冬羽

R0041318
ユリカモメもこの日、数羽しか見られなかった。セグロカモメの中にいるととっても小さく感じる。しかし、羽を広げた幅は驚くなかれ1mほどもあるのだ。鳥の翼は広げるとかなり長いのだ。ちなみに嘴先端から尾の先までは約40cmだ。

R0040877 R0041285
トビは海岸にいつもたくさんいる。漁港のため、エサが豊かなのだろう。浜に座っておにぎりなど食べるときはいつも上を注意しながらトンビにさらわれないようにしている。要注意なのだ。

R0041392
カワウの群れが見事な隊列を組んで西から東に向かて飛んで行った。ガンの群れのようだった。この写真には13羽写っている。これより大きな群れがいくつもいくつも同じ方向に飛んで行き、ちゃんと数えたわけではないが二百羽以上はいたものと思う。というわけでこの日見た鳥の中では一番数が多かった。

R0041026
アオサギは一度だけ左から右に(東から西に)飛んで行ったのを見かけた。風上に向かってのゆっくりした飛行だった。
この他にはコサギ、ハクセキレイ、ムクドリ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、先日紹介したミユビシギなどが見られた。12月4日、三浦海岸にて

|

« 胃カメラ体験談 | トップページ | オオアオイトトンボ@新治市民の森 »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃カメラ体験談 | トップページ | オオアオイトトンボ@新治市民の森 »