« 気が荒いタイミルセグロカモメ@三浦海岸 | トップページ | ルリビタキ@四季の森公園 »

2011.01.08

片脚のセグロカモメ再び@三浦海岸

R0042511 R0042515 R0042520
三浦海岸右脚を無くしたセグロカモメを見つけた。たしか昨シーズンも同様の個体を見た覚えがあるので念のため、昨シーズンの個体と詳細に比較してみたところ、右脚の失われた部分の位置が全く同じ、頭部から胸、腹部にかけての斑の入り方が同じ、眼の感じ、嘴の薄い赤斑の具合などが一致するので同じ個体であると確信した
片脚がないと羽づくろいが出来ないためかなりのハンディキャップになると思われるが、なんのなんの逞しいではないか。この一年の間にシベリアの北極圏に戻って繁殖し(たぶん)、秋に再びこの三浦の同じ浜に戻ってきたわけだからすごいことと思う。good
この環境を選んで戻って来てくれたわけで、人間としてはカモメに好まれるこの環境を長く長く維持したいものである。12月31日、三浦海岸にて。

|

« 気が荒いタイミルセグロカモメ@三浦海岸 | トップページ | ルリビタキ@四季の森公園 »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

よくぞ戻ってきました。
感動的です...。

カモメは
「ああ、足があったらなあ」
などとは考えないでしょうね。

それが強さなのかもしれません。

投稿: Shira | 2011.01.09 21:19

Shiraさんこんにちは。この個体は放置釣り糸による被害かと想像されます。最近何度か浜や岩場をコーミングして歩きましたが、釣り糸は見つけられませんでした。浮きなどは何回か見つけましたが。放置された釣り針が刺さって子供が失明した、とかの事件(そんなものは幸いまだ聞いたことがありませんが)と同じように捉えるべきと思います。

投稿: はるきょん | 2011.01.10 12:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気が荒いタイミルセグロカモメ@三浦海岸 | トップページ | ルリビタキ@四季の森公園 »