« アメリカンな香りのするセグロカモメ?@三浦海岸 | トップページ | ヒガンバナの葉@四季の森公園 »

2011.02.15

タヒバリ@三浦海岸

R0045247
三浦海岸の浜に出るとハクセキレイタヒバリムクドリなどの小鳥が結構見られる。このタヒバリは漁具を干していあるあたりでムシの類を探していたようだ。ムシと書いたのは昆虫に限らずフナムシのような海浜性生物などを含むと思うからだ。陸上に昆虫が非常に少ないこの季節、海岸線では餌となるムシ類が比較的豊富にとれるものと思われる。タヒバリを近くで見ると、飛ぶときに結構力強い羽音を立て、びゅ~んという感じで飛ぶので、けっこうやるなぁと認識を新たにした。
下はおまけでオオセグロカモメ成鳥冬羽の大あくび。ものすごく大きく開いている。舌が見えている。初列はP5から先が見えている。一番下はオオセグロカモメ第二回冬羽(笑)。
2月5日、三浦海岸にて
R0045127 R0045126

|

« アメリカンな香りのするセグロカモメ?@三浦海岸 | トップページ | ヒガンバナの葉@四季の森公園 »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
あはは!鳥もあくびをするんですね
顎がはずれそう
って鳥に顎はある?
ナイスショットです

投稿: エフ | 2011.02.20 22:06

エフさんこんばんは。鳥のくちばしって骨なのか?自分はくちばしがかなり自由度のきくもので神経も通り、曲げることができたりすることも知っていたので骨ではなく、人間でいえば唇の先端が角質化したものだろうぐらいに思っていました。ちょっと調べたところ、骨があり、その上が角質で覆われたもののようです。したがって、あごの関節があり、ヘビ並みに大きく開いているというわけですね。

投稿: はるきょん | 2011.02.21 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカンな香りのするセグロカモメ?@三浦海岸 | トップページ | ヒガンバナの葉@四季の森公園 »