« ウメの開花状況@東本郷農地 | トップページ | ツグミ@舞岡公園 »

2011.02.03

The Parsifal Mosaic by Robert Ludlum

R0039762 この本はずいぶん昔に文庫本「狂気のモザイク」で読んだ、今は亡きラドラムの作品だ。いまや懐かしきアメリカvsソ連の冷戦時代のポリティカルスリラーである。このペー年度で言えばこれが2011年度の第一作めにあたる。692ページとかなり長かったが、かすかな記憶を思い出しながら読めたので比較的楽だった。それにしてもラドラムの作品は実に骨太な構成でしかも、細部に凝っていて、いちいち納得度が高いので、実に楽しめた。
パミニアトチク作戦。ソ連から優秀な血統の赤子をアメリカに運び、アメリカ人として育て、しかも祖国ソ連に忠誠を尽くすように育て上げ、アメリカンドリームを実現して、アメリカの中枢に入り込みやがてアメリカを内側から乗っとるという壮大な構想の作戦。いまでもCやKで始まる国がJのつく国でやっていそうな構想だ。さて、チェコで戦争孤児となり戦後のごたごたで、アメリカ人となった主人公マイケルは優秀な特殊工作員となり敵国ソ連の有力科学者などの亡命をお膳立てする。登場人物は彼の恋人ジェンナ。ソ連の工作員。アメリカ国務長官マシアス。CIA本部の戦略家たち。そして、謎の人物パーシファル。
マイケルは愛する恋人ジェンナが実はソ連の工作員であることを突き止め、みずからたてた作戦で彼女を殺害し、失意と絶望のあまり引退を決意した。その後、偶然それが陰謀であることに気づいた彼は、必死に謎を追う。ローマからパリ。そしてアメリカ本土へ。やがてジェンナを取り戻したマイケルはより大きな謎に直面する。我が師我が父と仰ぐ国務長官マシアスに関する国家的機密を大統領から知らされるマイケル。そしてパーシファルは誰か。マシアスがいろんな国との間に勝手に結んだ協定の内容とは。脅迫者は誰か。そして核戦争の危機とは....手に汗握りながら読み進めた。ラドラムの作品が好きだぁ。この本は1ページに41行、1行あたり平均11語、692ページ分で約30万語ほどあった。フォントが小さくややチープなためちょっと読みにくかったので読みやすさは4とした。このペー2010でとった評価方法にそって20点満点での評価とした。評価軸は読みやすさ・面白さ・量的満足度・C/P(頁/円)それぞれ5ポイントづつである。

2010/12/02-12/22
2011-#1
The Parsifal Mosaic by Robert Ludlum
ratings: 18stars (4,5,5,4)
692pages
Published by BANTUM 1983/3/1
ISBN-13:978-0553252705
USD 7.99
JPY 780 (amazon.co.jp)

|

« ウメの開花状況@東本郷農地 | トップページ | ツグミ@舞岡公園 »

ペーパーバック」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん、こんにちは。
今年初のPB紹介ですね。いきなり原題の意味が難解で、辞書で調べてもイマイチ分かりませんでしたが、はるきょんさんの感想文を読んでみると、とても面白そうです。それにしても700ページ近い小説となると、読むほうもかなりのエネルギーが強いられますね。ストーリーに引き込まれなければ挫折してしまう量でしょう。私は最近、実用書や翻訳本を読んでいます。PBも読みたいですが、そこまで余裕がありません。

とはいえ、ランニングのほうは順調に行ってます。先月は自身初の200k走破しました。はるきょんさんも大山登山マラソンに向けて、頑張っていますね!!お互い病気や怪我のないよう楽しくやっていきましょう!!

投稿: シロクマ | 2011.02.04 16:16

シロクマさんこんばんは。PARSIFALはワーグナーのオペラからとったタイトルのようですが詳しい関連はわかりません。もし時間が取れればラドラムは絶対にお勧めです。さて、1月は坂道練習などを追求したため月間98kmに終わりました。惜しいところでした。シロクマさんの月間200km!って平日も走らないと達成できなさそうですね。日の出が遅く、日の入りが早いので平日はほぼ走る時間がとれません。また、少し暖かくなってくるとあっちに行きたいこっちに行ってみたいが出てくるんですよねー。でも土日で20kmは走りたいなぁと思っています。good

投稿: はるきょん | 2011.02.04 18:03

はるきょんさん、こんばんは。
それほどラドラム氏を勧めるとは、相当に面白い証拠ですね。このPBもかなり興味深い内容に思いますが、ちなみにはるきょんさんの一番お気に入りのラドラムPBは何でしょう。

実は先日、近くの公園で小出監督にお会いし、図々しくもちょっとお話までさせて頂き、いろいろ刺激を受けた次第。流石に月200k走ると頑固な体重も減り始め、無理しない程度に継続を心がけています。はるきょんさんも坂道を練習しているのですから、長距離以上の負荷だと想像します。ところで、小出監督曰く、オリンピックに行くマラソン選手は一番追い込むとき、月間1000キロ走るそうな…。単純計算すると一週間で200k以上走ってしまうのですから、凄い!

投稿: シロクマ | 2011.02.04 23:45

シロクマさんこんばんは。ラドラムは自分を読書趣味に引きずり込んだ張本人の一人でして、二十代の頃文庫本で全部読んでしまいました。PBで読んだのはこのParsifal Mozaicが2冊目でした。暗殺者シリーズなどもお勧めですが一つ選ぶならばこれかThe Matarese Circleがいいと思います。小出道場のモニターたちのブログはよく読んでいます。自分と似たレベルの練習なんか参考になります。

投稿: はるきょん | 2011.02.05 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウメの開花状況@東本郷農地 | トップページ | ツグミ@舞岡公園 »