« オオジュリンなど@新横浜公園 | トップページ | それでもハナモモ開花@鶴見川 »

2011.03.12

帰宅難民ウォーク本番

金曜日の午後発生した大地震は自分にとっての初めての災害だった。品川区にあるオフィスは大きく横に揺れ、人の座っていない椅子が暴れまわり机にぶつかる。机の上やロッカー、窓際などからいろんな物が落下し、悲鳴が響いた。自分は椅子をどかして床に座り込み机の下に隠れるようにして身を守った。揺れがあまりにも激しかったことと長く続いたため、神戸やニュージーランドのことが頭に浮かび、最悪の事態つまり建物が崩壊しないことを切に祈った
何秒か何十秒かわからないが長かった揺れが収まり、幸い望みは適えられたが、顔がこわばったままとなってしまった。これは大災害だと同僚たちと確認しあった。
その後は建物から避難したり、余震のために避難場所からさらに避難したり、避難場所をさらに移動したりと混乱が続いた。避難階段のあちこちの壁が破損し、長い亀裂が出来ていたり、崩れた破片や粉が落ちていたりして、恐怖感をあおった。また、建物からは水がジャージャー漏れ出している個所があったり、穴があいているのが見えた。
外は寒く、コートなど着ずにそのまま避難してきたものも多く、寒そうだった。
結局はだいぶたってからオフィスに戻ってよいことになった。オフィスは暖かく、電気も付いており、トイレも使えるし、水も出るしでとりあえずは安全だった。携帯電話を充電器にセットして今後に備えた。
ワンセグでNHKをみるとすごいことになっていた。窓の外を見ると普通あり得ない角度で飛行機が上空を飛んでいた。羽田に降りられなくてタッチアンドゴーでもしたのだろうか。携帯電話もメールもつながらず、自宅と連絡が取れない。
夕方近くのコンビニに行って夕食を調達しようとしたが、ご飯ものパンものはまったく残ったなかったのでしかたなくカップ焼きそばとカップラーメン、ロールケーキ、スニッカーズを買ってきた。若いころはよく徹夜などしていてイカ焼きそば大盛り1.5などを好んで食べていたが、久しぶりにカップ焼きそばを食べた。お湯は出るしお茶もあるし、トイレも問題ないので最悪、お泊りすることを覚悟した。しかし、昔常備していたお泊りグッヅ(タオル、ジャージ、歯ブラシなど)はない。JR京浜東北線か京浜急行それと横浜線が動いてくれることを祈りながらワンセグやネットをチェックしながら、時折襲ってくる余震に耐えていた。JRはどうも今日中の再開をあきらめたらしい。福岡の母から携帯に電話が入り状況をおしえた。向こうからはかかるのだ。
その後いろいろなごたごたをした後、結局は自分は帰宅することとなった。徒歩で。以前帰宅難民ウォークを実際にやってみたことがあるので、ルートは自信があった。
焼きそばだけ食べ、いろいろ想定してスニッカーズとロールケーキ、輪ゴム、サインペン、メガネ、ポケットティッシュなどをバッグに詰めた。地図を再度チェックしてルートを思い浮かべ確認した。雨が降る可能性もあるということで折りたたみ傘はコートのポケットに入れた。
1930時オフィスを後にした。ビジネス用シューズの中では一番ウォーキングに向いたものをはいていたのは幸いだった。いつもは右肩にかけるショルダーバッグだが、今日は少し重く、距離も長くなるため左肩から斜めにかけてま後ろのお尻のあたりにバッグが来るようにセットした。左右対称にすることが疲れを低減するコツだと思う
しばらくは自分と同様のサラリーマンが大勢同じ向きに歩いていた。池上通に入ると、車が渋滞していた。信号も電気も問題なし。
気温はやや低かったがロングウォークにためにはこれは問題ない程度というかちょうどいいぐらいと思う。しかし、風が強く、舞っているようだった。進行方向、西の高い空には三日月が輝いている。歩いていると飲み屋や牛丼屋、ファミレス、食堂などはだいたいどこも混んでいた。池上通は国道1号を超えると人通りが少なくなっていった。東急池上線の線路を越えるポイントが間違いやすいところだ。線路を渡ってすぐ右に線路沿いに進む。すると20mぐらいで元通りの幅の道になる。環8を渡り、キヤノン本社を過ぎるとガス橋。ガス橋の手前では車がぎっしり詰まっていてまったく動いていなかった。橋でちょうど1時間たっていた。信号待ちのときに携帯で家に連絡を試みるがまったくつながらない。いちいち開閉ロックを外す必要があり非常に面倒。九州にもかけてみるがこちらからはつながらない。
平間駅を過ぎ、横須賀線の線路を越えるあたりから辺り一帯が停電していることが分かった。信号も、三菱の工場も民家も工場もまったくの真っ暗だった。こうなると足元も見えず、一歩一歩が非常に恐ろしくてスピードが鈍る。ただ、車が通るとそのヘッドライトで一瞬だけ足元が照らされて安心出来た。尻手黒川線に出ると警官が手信号で交通整理をしていた。交通量はかなり多かった。矢上湯の信号でも警官による交通整理が行われていた。御苦労さま。ここでかなりの徒歩帰宅者と同行となった。真っ暗なので前の人についていかないと歩けないほどの暗闇だった。左折して慶応大学裏の道を一直線に進むと同行者が一気に減って寂しくなった。ここは交通量が少なかった。月が明るいので眼を凝らせば歩道は見えた。だが車が近付くと明るすぎて足元が見えなくなるので手でライトから眼を隠しながら歩いた。シューズは問題ない。当たるところもなくずれることもないので持ちそうだ。前方に同行者が一人いて、適度な間隔をおいてついて行った。
長い長い暗闇を歩いてようやく綱島についた。ここでは綱島駅方面に向かう帰宅者たちの群れがいた。鶴見川を渡り、すぐに右折して川沿いの土手を歩こうとしたが、車が大渋滞していて歩行者が路足を歩けそうにないため一段下の道を歩いた。前方に同行者がいたので安心してついて行った。このあたりで時々明りがついている建物があった。いったいどういう停電なのだろうか?明るい自販機があり、前を歩いていて同行者は喜んで飲料を購入していた。自分は追い越して進み鶴見川の土手に出た。土手は真っ暗だった。河川敷に降りて満タンになっていた膀胱を空にした(笑)。
再び土手道に上がり新羽橋を目指す。携帯の電池をセーブするため、ワンセグは控えていたが時々は情報をチェックしとかないと、まさか鶴見川にも大津波が来ると困るし。真っ暗の中で携帯の画面は異様に明るかった。西の空の三日月がだいぶ低くなってきたようだった。
新羽橋はランで自宅から7.5kmポイントである。ここで約2時間たっていたが、まだまだぜんぜん元気。九州から電話が入り、家はなんとか大丈夫、長女は会社に泊まるということが分かった。田舎が情報のハブになった。この辺りからまた町が明るくなった。電気があると嬉しい。バスも通っているようだった。横浜地下鉄の新羽駅を過ぎ、西方寺を過ぎる。シャキシャキ歩いていたがさすがにだんだん疲労感を感じ始めた。左足の甲が少し痛みだした。また、右足のひざ裏の内側が少し痛む。車に注意しながら道の左側を歩く。パチンコ屋があり、なんと結構にぎわっている。IKEYAの交差点を渡るとだいぶ家に近づいた気がした。相変わらず携帯は通じない。
博多丸金ラーメン屋が賑わっていた。やがてきらびやかなららぽーとが見え、どっと地元感が沸いてきた。三日月は相当低くなっていた。鴨居人道橋を渡りやがて自宅についた。3時間25分ほどだった。電気がついていた。妻と下の娘の顔を見てどっと安心した。
家の中の被害は本棚の上に乗せていたペーパーバックの山が落ちた程度らしい。風呂も沸いてたので汗を流すことができた。
会社に連絡を取ろうとしたが携帯も固定もメールもつながらずだいぶいらいらした。
今回はそう気温が耐えられないほど低くはなく、雨も降らず、橋も落ちず、火災もなく、ワンセグが見れたという良い条件だったため、20kmを問題なく歩いて帰宅することができた。
恐ろしい一日だったが、無事に家に帰ることができて本当に良かった。帰宅難民にならないために必要なこととして二つあげておきたい。
★事前の演習
前回といっても6年も前だが、それでも一度実際に歩いておくことが決定的に重要だったと思う。多少道が変わっていても何とかなる。それよりも一度も歩いたことのない道は非常に不安で、正しいのか間違っているのかも分からない。特に夜はさらに自分が今どこにいるのか分からなくなり迷いやすい。
★オフィスでの準備
今回はリーガルウォーカーというシューズだったため問題なく20km歩けたが、ほかのビジネスシューズだったら歩けてない可能性が高い。できれば机の下にウォーキングに適したシューズを置いておきたい。また、地図や携帯食なども入るリュックも置いておきたい。両手を振って歩けることが重要である。

3月11日、金曜日、帰宅ウォーク
距離:20km、タイム:3時間25分

|

« オオジュリンなど@新横浜公園 | トップページ | それでもハナモモ開花@鶴見川 »

★特選記事★」カテゴリの記事

ウォーキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん、無事で良かったです。
千葉では昨夜から電気も水道もストップし、友人宅に避難しました。今日の昼には普及しましたが、九十九里浜から町が13キロなので津波も少しは懸念しました。まだ余震は続いており、福島の原発事故を思うと心配の種はつきません。
マラソンのイベントは中止となりましたが、今は体力を温存して今後に備えたいですね。より多くの人が助かりますように、祈りたいです。

投稿: シロクマ | 2011.03.12 20:11

はるきょんさん、お疲れ様でした。自分は出張で沼津にいましたが結構揺れて怖かったです。もし昨日こっちにいたら、自分は丸子橋を渡って綱島街道沿いに綱島まで来るかな、何て考えていました。

投稿: 虫好き | 2011.03.12 21:05

本当にお疲れ様でした。ご無事で何よりです。
自分も自宅まで約20kmです。帰宅ウォークしましたけど、途中で車に拾われたので10kmほどで済みました。
中原街道は暗いし、ところどころ細くて曲がるし、時々ルートに自信がなくなるしで、事前訓練が重要ですね。
まだまだ余震が続きます。節電を心がけるくらいしか出来ませんが、被災した方々の無事を祈りましょう。

投稿: 小鉄 | 2011.03.13 12:52

シロクマさんこんばんは。ご無事でなによりです。千葉でもタンクの火災などあり東北だけのことではないと感じました。体力って大事ですね。生き残るために知恵と体力を鍛えておきたいと思いました。

投稿: はるきょん | 2011.03.13 20:08

虫好きさんこんばんは。沼津でしたか。新幹線が動いてよかったですね。もし普段がバイク通勤なら別ですが、虫好きさんも一度、徒歩での帰宅をやっておくことをお勧めします。今回、徒歩帰宅をして思いましたが、バイクならば渋滞でもなんとかすり抜けられますし、かなり有効な移動手段だと感じました。相乗りして横浜方面に向かうバイクを多く見ました。

投稿: はるきょん | 2011.03.13 20:16

小鉄さんこんばんは。小鉄さんも歩かれましたか。お疲れさまでした。でもご無事で何よりです。夜間は昼間とぜんぜん景色が違うし、停電地区もあったりするし、トイレのなどの心配もあるしで大変です。でも普段からラン&ウォークで体を鍛えていて良かっだですねgood。わがブログでは検索フレーズランキングできのうから「帰宅難民」でのヒットが急増しているようです。

投稿: はるきょん | 2011.03.13 20:23

沼津へは車で行っていました。土曜日の夜までの予定でしたが、イベントが中止になり午前中で帰宅となりました。前日でしたら通行止めで帰れませんでした。
東名では名古屋、大阪からの消防車、レスキュー車の応援コンボイが走っていました。明日から4月まで輪番停電ということとなので色々不安です。

投稿: 虫好き | 2011.03.13 22:12

おはようございます
お元気そうで安心しました
そしておつかれさまでした
真っ暗な中3時間25分・・・
不便な生活が続きますがファイトです
余震に気をつけてくださいね

投稿: エフ | 2011.03.14 08:49

虫好きさんこんばんは。今日は出勤不可能のため一日、買い出しなどでまた非日常を過ごしました。車で沼津だったんですか。それはそれで不安だったことでしょう。大渋滞などにつかまらなくて良かったですね。応援コンボイを目撃されたという情報は嬉しく思いました。それにしても停電するんだかしないんだか。東電にはちょっとがっかりしていますthink

投稿: はるきょん | 2011.03.14 16:54

エフさんこんばんは。応援ありがとうございます。自分たちは別に被災はしていないのですが、近所のスーパーはどこも米やもち、パンなどの食品がパニック買いにあっていて、異様な雰囲気coldsweats02でした。コンビニ、イトーヨーカドー、ダイエーなどどこも緊迫していてプチ被災の気分でした。ふだんの日常に早く戻りたいです。明日は電車が普通に動いてほしいと思います。

投稿: はるきょん | 2011.03.14 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオジュリンなど@新横浜公園 | トップページ | それでもハナモモ開花@鶴見川 »