« それでもハナモモ開花@鶴見川 | トップページ | I, SNIPER by STEPHEN HUNTER »

2011.03.14

メジロ河津桜@鶴見川

大震災前に書いていた花鳥風月ものであるが、まぁ綺麗なので掲載しておく。

R0046493 R0046511 R0046516 R0046520
鶴見川河津桜にはメジロが集まってにぎやかに蜜を吸っているようだった。チーチーチーチーとにぎやかなことはなはだしい。何カ月振りかで甘い蜜が吸えるのがうれしくて仕方がないといったはしゃぎぶりのようだった。こちらまでうれしくなるような気がした。伸びたり逆さにぶら下がったりしたりして花から花へと自由自在に移ろってゆく。鮮やかな桜の花を舞台に蜜吸いとは贅沢なことだ。3月6日午前、鶴見川土手にて

この日午後は前日土曜日の中原街道での坂道ランの疲労が残っていたため、ゆるめのランをした。先月帰省したときの影響「田舎太り!」で1kgほど重くなっている体重を落とす(坂のぼりは体重が軽いほうがラクに決まっているし)ため2時間ほど走ることにした。低心拍数をキープして走ることを楽しもうと思った。ロングタイツの上にはく軽いランパンを一枚しか持ってないので土曜日に走ると日曜日に困る。なので土曜日に2枚目のランパン(ナイキ)を入手したのでそれをおろした。薄手のロングタイツにランパン、上は長袖Tシャツ一枚とした。帽子に手袋をし、日焼け止めを顔に塗りたくった。天気がいいと結構日焼けするのだ、この時期でも。
いつものキロ5分ペースではなく6分ペースで楽に走り出したつもりだが、これが結構きつい。前日の疲れなのか。息が苦しめでこれでは20kmいけるかどうか怪しいと思いながらゆるいペースをがんばって維持した。シドモア桜も徐々につぼみが膨らみ始めているようだ、とか盛大に余所見をしながら走った。
大山登山マラソンの前日土曜日は調整のためにゆるく短く走ると思う。水曜日あたりにもう一発走っときたいところだが天気がどうか。華やかなピンクのスカートを着けた女性ランナーを追い越した。ランニグウェアもなかなかおしゃれになってきたものである。そういう自分もシューズはオレンジ色だし、ランパンも同色のラインが入っている。川津桜のメジロは居なくなっていた。3kmぐらいから徐々にラクになっていった。小机フィールドが一般開放されているようだった。新横浜公園ではランナーは少なめだった。午後だからかな。最初の5kmが29’24”。公園内5kmコース1週目は28’46”。このコース5075mあると案内がされているがちょっと短いような気もする。が、小さいことは気にしない。日産スタジアムの4階の外周路に上がる坂道が結構辛い。外周路は100mごとにしるしがあるのでペースが分かりやすい。35秒程度。98歩だ。キロ5分のときは30秒、84歩ぐらい。天気が良いのでスギ花粉を大量に吸い込みつつ走っているとは思うがザジテン内服薬とネオメドロール軟膏(眼に塗った)のおかげか症状は軽い。ただ時々鼻水がでる程度。2周目はやや疲れて29’11”。15km走ったので岐路につく。往路では向かい風だったので帰路では追い風を期待していたのになんと風向きが変わっていてまたも向かい風。1km6分を越したため、タイムを調整しながらゴールし、最後の5kmをちょうど30’00”で終えた。久しぶりにたっぷりと走った気がした。
コース:新横浜公園、距離:20km、タイム:1:57’23”、平均心拍数:142、最高心拍数:153、平均ピッチ:167、ラン後体重:○4.0kg
R0046525

|

« それでもハナモモ開花@鶴見川 | トップページ | I, SNIPER by STEPHEN HUNTER »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

新横浜公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

通勤で乗っている相模鉄道線が最寄り駅まで来ないので(停電計画のため)、今日は朝晩 3.5km ずつ歩きました。

短い距離ですが、リュックを背負うと断然楽ですね。電車が止まった時用の paperback "The Time Traveller's Wife" やら保温水筒やら入れてもずいぶん軽く感じます。

腕を振って元気に歩いてきました。

投稿: Shira | 2011.03.14 21:48

Shiraさん、おはようございます。長く歩くときは両手をあけることが重要ですね。手下げのかばんだったら長時間はとても無理だと思いました。リュックが最高です。横浜線trainは今日も動きません。東横線や京浜東北、南武線は動き始めたのに。沿線住民としてはちょっと傷ついていますcrying。今日も自宅待機になりそうです。

投稿: はるきょん | 2011.03.15 08:31

メジロって、目の周り白いし、こういうふうに止まるんですよね。ひょうきんなやつです。

あの小さな体で厳しい環境でちゃんと生きているのに感心しちゃいます。

投稿: Shira | 2011.03.16 22:46

Shiraさんこんばんは。体が小さいせいか、逆さにぶら下がったり、斜めになったり、自由に止まっていますね。すごいもんです。一応良く見てみましたが、チョウセンメジロでも、ヒメメジロでもなく、メジロですね(当たり前か)。

投稿: はるきょん | 2011.03.17 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでもハナモモ開花@鶴見川 | トップページ | I, SNIPER by STEPHEN HUNTER »