« フデリンドウ開花@新治市民の森 | トップページ | テングチョウ@新治市民の森 »

2011.04.22

春の一日@四季の森公園

4月17日、四季の森公園で過ごした3時間半で撮った写真(いつもだいたい300枚ぐらい撮影する)の中から選んだものをちょっと多いが紹介してみる。でははるきょんと一緒に自然観察体験をどうぞ。

セリバヒエンソウ
最初スミレと勘違いし、この二回複葉のスミレは珍しいに違いないと思い一生懸命に撮影した。が、散策するうちにあちこちで見つかり、なんかおかしいぞ?と思い始め、水車小屋近くにあったセリバヒエンソウであると思い出しがっかり。お馬鹿>自分(笑)。
その水車小屋の池でニホンカワトンボを探していた時のこと。赤ちゃんを抱いた若い夫婦が通りがかり、水車の回転軸の抵抗が大きく溜まった水を流すとすぐに止まってしまう様子を見ながら交わしていた会話。「動力の設計に不良があるんじゃねぇ?」「水車が動力建屋ならこっちの小屋はタービン建屋ってことね。」にちょっと苦笑い。そんな言葉震災前は誰も知らなかったぞ。
R0048522 R0048527

ヘビイチゴ
黄色五枚花弁を前日に引き続き撮影して回った。これは副萼片が花弁とほぼ同じサイズなのでヘビイチゴと思われる。花弁の隙間が大きく子供のすきっぱみたいである。最後の花は花弁がすでに落ち、実が膨らみ始めている。
R0048529 R0048641 R0048642 R0048643 R0048696

ムラサキシジミを撮影していたら向こうのほうから子供がだだだーっ!と走ってきて急停止し「何してるの?」で飛んでしまった。一瞬ムカっとしたが、子犬と思えば諦めるしかない。子供の興味を引く妙な体勢で一心に怪しげなことをしていたのだから不思議に思われて当然だ。これも自然の一部と思おう。翅を開いてくれなかったが翅裏にも赤っぽい複雑な模様があるのが分かる。
R0048532

いつもの林道から定点観察。平和な光景である。
R0048547

上の林道の竹柵検索で発見したコメツキムシ類。この後思った通りバチンと跳ねてどこかへ逃亡。その腹筋(?)の威力や恐るべし!
R0048549

翅の赤が鮮やかなベニシジミ春型♂
R0048556

毎年、同じポイントで見ているマルバスミレ。なぜか花弁がくるくる巻きになっている。
R0048573 R0048575

シオヤトンボは数か所で見かけた。新治と同じく四季の森でもニホンカワトンボはまだ見られなかった。シオヤトンボは水辺の近くの日当たりのよいところでじっとしていることが多く目立たなかった。いずれの個体も眼がグレーで羽化間もない♀個体。天敵に食われないように成熟に努めてくださいな。あちこち探したが羽化殻は発見できず。
R0048619 R0048728 R0048740 R0048766

これは和名不明。タンポポに似たロゼッタの中の葉の一枚の途中から花柄が出ていてジシバリっぽい花が咲いていた。不思議な形状なので撮影した。どなたか分かる方は教えてください。
R0048624 R0048628

シャガの花はいつ見ても美しい。色合いといい形といい芸術的である。
R0048673

ミズキの新葉とつぼみ。みずみずくて素晴らしい。
R0048678

ショウブ園を見下ろす枝先にて。上を向いて歩こう♪ ツグミはいつでも上を向いている。
R0048703

出たな!妖怪ヤブレガサ。やはり開く前のこの姿が一番。
R0048808
R0048798 

端正なヒトリシズカはやはり縦長で。
R0048806

蓮池のエノキ新葉。新鮮で初々しい。昆虫に好かれるナンバーワン樹木。
R0048817

愛想のよいネコハエトリとはいつも目があう。近づきすぎてこの後飛びかかられカメラのレンズ付近をしばらく徘徊されて慌てた。
R0048821

|

« フデリンドウ開花@新治市民の森 | トップページ | テングチョウ@新治市民の森 »

クモ」カテゴリの記事

チョウ」カテゴリの記事

トンボ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさま。
はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
ジシバリに似た黄色い花は、
コオニタビラコではないでしょうか?

投稿: Fisher | 2011.04.22 21:15

こんばんは。自然観察体験させてもらいましたhappy01
定点観測の場所は、正に平和な春って感じですねー。「タービン建屋」なんて言葉、原発がなければ知らないままだったと思うと、ギャップに眩暈がしそうです。
ヒトリシズカが咲くとGWが近づいているなーと思います。四季の森公園が呼んでいるーcoldsweats01

投稿: 小鉄 | 2011.04.22 21:57

ごめんなさい。
花弁の数を数えると、ヤブタビラコですね。
失礼しました。

投稿: Fisher | 2011.04.22 22:13

小鉄さんこんにちは。これがだいたいいつものコースです。最近中山中学校方面を回っていないので気になるところです。気づいたらもうGWなんですねぇ。震災のごたごたでなんだか忘れていました。

投稿: はるきょん | 2011.04.23 11:47

Fisherさんこんにちは。舌状花が16枚、葉や柄に毛が確認できるのでヤブタビラコですね。ありがとうございましたhappy01。手持ちの図鑑で調べたときには一応ヤブタビラコも候補に挙がっていたのですが、その写真ではロゼッタ状の葉の真ん中から長い花柄が伸びていてその頂上に花がいくつもついているのでこれは違うなぁと思ってしまいました。この現物では葉の途中から花が出ているように見えるのですから。草本類の図鑑でお勧めのものはありませんか?

投稿: はるきょん | 2011.04.23 11:55

はるきょんさま。
こんばんは。
植物、難しいですね。
お勧めできるかどうか分かりませんが、私の手元には、山渓のハンディ図鑑「野に咲く花」や保育社の検索入門野草図鑑があります。いつも検索表できちんと同定するよりも絵あわせで見てしまうことが多いのですが…
名前のとおり、魚が好きですが、植物や昆虫にも興味があります。植物では、水辺の雑草が好きです。

投稿: Fisher | 2011.04.23 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フデリンドウ開花@新治市民の森 | トップページ | テングチョウ@新治市民の森 »