« 拝みたくなるほど巨大なクスノキたち@福岡 | トップページ | ヒドリガモ♂@駕与丁公園 »

2011.04.10

三郡縦走トレイルラン

R0047684
2月に大濠公園を走った時から三郡縦走のトレイルランをやってみたいと思っていた。いろいろ調べて、4月であれば時期的に適切であることが分かった。水を持ってゆく必要があるのでいろいろ考えた末、手持ちのリュックに入れられるタイプのハイドレーションパックを入手した。ハイドレーションとは、点滴のパック状の水筒からチューブを伸ばしていつでも口で吸えるようにしたもので、給水したいときにリュックを下ろして中から水筒を出して飲むという手間をまったくかけずに走りながら水が飲める優れものである。あちこちのスポーツ店を回りプラティパスというアメリカのメーカーのものを入手した。満タンの1.8リットルを入れていったが、かなり重かった(当り前だが)。
4月3日(日)は朝から曇りでやや気温が低く寒かった。太宰府から100円均一のコミュニティバスまほろば号で竈門(かまど)神社まで行った。巫女さんが朝の掃除をしていた。一日の安全を祈願し、ウィンドブレーカを脱いだり、パルスグラフをセットしたりの準備をして出発した。ただ、大勢の団体が前にいたため、しばらくはゆっくりとした歩きで入り、式部稲荷からタイムをとりはじめた。
石段地獄(百段ガンギ)を頑張って登り、途中の水場で水を楽しみ、小一時間で宝満山に登頂した。曇りのため景色がよく見えずちょっと残念だった。以降は尾根道を走ったり歩いたりして縦走路のトレランを楽しんだ。ゆるい上り坂、平坦な道、ゆるい下り坂を走り、ほかは歩きとなった。暑くもなく寒くもなくとても快適な気候だった。以下はタイムチャート。左から通過時刻、場所(標高)、そこでの休憩時間、前の場所からの到達時間(分)である。

0853 竈門神社
0906 式部稲荷       1分休    8分
0955 宝満山(829m) 4分休   48分
1009 仏頂山(868m)             10分
1035 三郡山(936m)             26分
1106 前砥石山(805m)          31分
1116 砥石山(828m)             10分
1127 鬼岩谷(774m)             11分
1143 ショウケ越(500m)         16分
1211 若杉山(681m) 14分休  28分
1252 岳城山(381m)  9分休  27分
1319 皿山公園 3分休          18分
1343 ゴール地点                 21分

あまり汗をかかなかったせいかあるいはハイドレーションシステムに慣れてないせいかあまり水は飲むことがなかった。結局、1.8リットルのうち1.5リットルが余ってしまった。なんと300ミリリットルしか水を飲まなかった。余計なおもり1.5kgを背負っていったことになる。ただ、胸にチューブが出ているのでちょっとくわえるだけで水が飲める安心感は非常に大きくしかも便利である。大山の山頂まで登るときや、高尾~陣馬往復などでは是非使ってみたい。ただその時はもっと小型のトレラン用リュックがいいかもしれない。
途中途中で撮影したりしたので上のタイムチャートに示した休み以外でも相当のロスタイムがあり、合計ではえいやで40分とした。
朝9時から昼の2時近くまでよく体を動かすことができた。おにぎりを二つ持っていったが、時間が勿体なかったのと、それほど腹も減らなかったため結局持ち帰ることになった。途中で口にした行動食は黒糖の塊を4個とスニッカーズ1本だけだった。
もう半月ほどで縦走路ではミツバツツジが花を咲かせることと思われるが、まだ開花前の静けさだった。なかなか素晴らしいトレランコースであった。
一番上の写真は別の日に粕屋町の駕与丁公園から撮ったもの。右から宝満(ほうまん)山、三郡(さんぐん)山、砥石(といし)山、一番左が若杉山である。

装備:ラン用リュック、ハイドレーション1.8L、国土地理院2.5万図(太宰府、篠栗)
ウェア:ウンダーアーマー、半袖Tシャツ、厚手のロングタイツ、薄手のランパンツ、ラン用シューズ、帽子、手袋、行動食など
コース:かまど神社~皿山公園、距離:20km程度、タイム:4:37’09”、ロスタイム:40分ほど、平均心拍数:146、最高心拍数:178、平均ピッチ:147、ラン後体重:○4.0kg

竈門(かまど)神社
R0047452 R0047455

百段ガンギ
R0047460

宝満山頂
R0047465

三郡山頂を望む
R0047488

走りやすい尾根道
R0047500 R0047502

ショウケ超え
R0047503

若杉ヶ鼻から砥石山方面を望む
R0047511 R0047513

岳城(たけじょう)山頂
R0047536

岳城山から駕与丁(かよいちょう)公園を望む。写真中央上部の白く丸いドームのあたり。一番上の写真とちょうど逆方向から撮った写真になる。
R0047541_2 

|

« 拝みたくなるほど巨大なクスノキたち@福岡 | トップページ | ヒドリガモ♂@駕与丁公園 »

★特選記事★」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

寺社巡り」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん、こんにちは。
羨ましくなってしまうほどの有意義なトレイルランですね。読んでいるうちにザックを背負って森へ出かけたくなってしまいます。トレラン仲間の話によりますと、福岡にも結構面白いトレイルがあり、平尾台トレイルレースはかなりの人気なのだそうです。
私も少しずつレベルアップを計ろうと、6月は富士忍野高原30kに挑戦します。人生で23キロ以上走ったことないので、自分としてはちょっとしたイベントです。これも無事完走が目標です。今度は景観も楽しめる余裕があればと思っています。はるきょんさんもトレイルレースの参加を考えてみては如何ですか?せっかくハイドレーションパックも購入されたことですし。

投稿: シロクマ | 2011.04.11 12:37

シロクマさんこんばんは。この日は登山客も多くはなく自由に自分の好きなペースで走れ(歩け)ました。この縦走路は学生の時に何度か普通に歩いたこともあり、走るという新しい楽しみ方を知ることができました。今ハイドレーションの使用を考えているのは大山、高尾~陣馬、三浦アルプスなどの山系と、赤井温泉ランなどです。富士忍野高原30kって山中湖北側の山地を走るアレですね。距離的にかなりハードそうです。6月だとかなり気温も高く水の消費量も多そうで大変shockですね。がんばってくださいgood

投稿: はるきょん | 2011.04.11 21:18

はるきょんさん、こんにちは。
ハイドレーション購入後、すぐに走るトレイルコースを考えているところは流石です。私の場合、レース以外ではトレラン講習に参加して、未知のコースに出向いたり、トレランのアレコレを学んでいます。山のランは危険と隣り合わせなので、自分で行くには地図を読む能力と持久力がまだまだ必要だと考えています。千葉は残念ながら低山が多く、セミナーやレースも他県に集中しています。移動がちょっと大変ですが、登ったことのない山に出会えるワクワク感を胸にちょっとずつ挑戦してみたいと思います。

投稿: シロクマ | 2011.04.12 10:08

こんばんは。神奈川県民からすると房総半島の低山はたくさん連なっていていくらでもコースがとれ、走りがいがありそうに思えます。随分前に一度社員旅行で養老の滝に一泊したのですが、翌朝なんとかの滝(失念!)までジョグしました。山坂があってけっこう良いコースでしたよ。ところでトレランの講習なんてあるんですね。知りませんでした。

投稿: はるきょん | 2011.04.12 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拝みたくなるほど巨大なクスノキたち@福岡 | トップページ | ヒドリガモ♂@駕与丁公園 »