« ホソミオツネントンボ初見 | トップページ | マエトビケムリグモ »

2011.05.24

ネグロクサアブ

R0052233  R0052236
源流域のどん詰まりの水辺で青いトンボが出ないか待っていたところ、赤いハチがよたよたと飛んできて水面に落ちてじたばたもがき、なんとか岸辺までたどりついてゼーハーしているなんとも無様な様子を目撃した。何だろうと思って近づいてみたのが上。いやぁ、なんとも重量級ですごい迫力。どこか、巨大輸送機アントノフを思わせるではないか。
翅のすぐ後ろに小さな団扇のような形のものがあり、これが後翅の名残の平均棍(へいきんこん)と思われる。つまり翅がワンペアなのでハチではなくアブハエ。胸部が巨大で盛り上がり、それに比較して頭部が小さく下がった位置にある。こんなアンバランスで変わった体型のアブは初めてである。大きく膨らんだ腹部は♀の証拠であろうか。
このアブはかなり大きく体長は25mm以上はあったと思われる。異様な姿のためちょっと怖い感じがした。帰宅後いろいろ調査したところ、ネグロクサアブ♀ということが判明した。祝!初見。ハエ目クサアブ科だというが和名の由来は不明。どこの根が黒いのか?翅も肢も根本は黒くないぞ。もしかして性格のことか?それならネグロではなくてネクラだろう。ネット上にもあまり情報はないのでどんな昆虫なのかよくわからない。やや珍しい昆虫のようである。
下はおまけ。コブハサミムシの幼虫と思われる。成虫ではハサミの曲がり具合で、強く湾曲したアルマン型とこの個体程度のルイス型とにわかれるようである。幼虫にその区別があるかは不明。正直に言うと第一印象はサソリだった。だってこれ明らかに威嚇しているんだもん(笑)。5月21日、神奈川県西部の山里にて
R0051901

R0051906

|

« ホソミオツネントンボ初見 | トップページ | マエトビケムリグモ »

アブ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県西部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

す、すごいアブですね・・頭が小さいのでなく身体が異常に大きいのですね!
翅がワンペアだから・・というのは勉強になりました(これまでずいぶん間違えてきたような・・)。
アブ・ハチはなかなかピントが合わないので苦手なんですが良く見ると面白いのがいるのですね。

(ふるさと村のトンボポイント教えて下さりありがとうございます! )

投稿: みやざき | 2011.05.24 22:05

みやざきさんこんばんは。このアブ変でしょ。異様な雰囲気でした。この個体はもしかすると吸水していたのかもしれません。溺れかけた直後なのに。5月も末になるのでいろんなトンボが見られるようになります。天気が品ぴですが、こんどの土日が楽しみです。ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、シオカラトンボなんかみられるかもしれません。

投稿: はるきょん | 2011.05.26 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホソミオツネントンボ初見 | トップページ | マエトビケムリグモ »