« アカボシゴマダラ春型♀@四季の森公園 | トップページ | ツツゾウムシ@四季の森公園 »

2011.05.31

アカスジキンカメムシ@四季の森公園

R0052879
アカボシゴマダラの近くの竹柵で待望の赤金を発見した。アカスジキンカメムシ成虫である。これも羽化直後のようで赤がまだやや薄い。
こういう雨の日は虫が見られないのはいったいなぜか。虫の立場になって考えたところ、雨粒に当たるのは体の小さな虫としては出来れば避けたいこと。また、濡れると動きが制限されるのと気門が濡れると呼吸に支障がでると思われるのでこれも避けたい。結局はなるべく繁った樹の下の方の大き目の葉の裏側にしがみついているのがいいのではないかと思った。そこでいつもチェックしている、サンシュユの樹を最初、丹念に見たのだが、水平の葉が二枚重なるようになっているところでカゲロウの仲間を数頭見つけた。が、期待していたアカキンは見つからなかった。なので竹柵で見つかった時はとても嬉しかった。ただ、この個体は雨ざらしになっていて、濡れても平気のようだった。また、暗い曇天のためにシャッタースピードが遅くなりブレブレの写真を量産したのに気づいて、場所を移動させてもらって撮り直すこととなった。
腹部が鮮やかな朱色と黒のまだらをしているのに気付いた。表も裏もオシャレなのだな。写真はすべて同一個体。5月28日、横浜市緑区四季の森公園にて
R0052922

R0052864

|

« アカボシゴマダラ春型♀@四季の森公園 | トップページ | ツツゾウムシ@四季の森公園 »

カメムシ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさんの写真公開が矢継ぎ早ですごすぎます。春なんですね。

投稿: Shira | 2011.05.31 23:44

Shiraさんこんばんは。春は忙しいです。たくさん写真を撮るので選ぶのも大変ですし、一枚いちまい処理するのも手間がかかります。ま、これが楽しいからやっているわけですがcoldsweats01

投稿: はるきょん | 2011.06.01 20:35

アカスジキンカメムシを初めて見たときにはその美しさに暫し見とれてしまいました。
幼虫を見て成虫と思い名前を調べましたが,なかなか分からなかったことを思い出します。
幼虫と成虫は全然姿が違うことを知りました。
終齢幼虫の紋様を見るたびに私は笑ってしまいます。
アカスジキンカメムシの幼虫が笑っているように見えるからです。
美しさ,姿の変化,紋様の面白さとどれをとっても感動と驚きの連続でした。

投稿: itotonbosan | 2013.12.24 13:20

happy01itotonbosanこんばんは。見たこともないものを見つける・美しさに見とれる・調べても分からない・苦労してやっと分かる・新しいことを知る・もっと知りたい....自然観察ではいろんな気持ちを味あうことが出来ますね。思えば自分もまったく同じです。素晴らしいコメントありがとうございます。

投稿: はるきょん | 2013.12.24 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカボシゴマダラ春型♀@四季の森公園 | トップページ | ツツゾウムシ@四季の森公園 »