« ツツゾウムシ@四季の森公園 | トップページ | The Day of the Jackal by Frederick Forsyth »

2011.06.02

ヒメヤママユ幼虫@四季の森公園

R0052881

R0052890
クヌギの樹皮を下に向かってもこもこと一心不乱に降りてきていた。細かい毛が密生してた毛虫。自分の指との比較から60mm程度と大きかった。しばらく観察したあと、いったん場所を移動して30分後に戻って見るとちょうどクヌギの下の地面に降りたところだった。見ていると林道を渡ろうとしているようだった。人は少ないが、このサイズだと目立つし、移動速度も遅いので大変危険であると思ったので一計を案じ、クヌギの落ち葉を進路に置き、乗ったところで離陸して空中を移動して林道の向こう側に無事着陸させてやった。帰宅後に調査したらヒメヤママユの幼虫と判明した。
四季の森公園の竹柵検索で一番多く見つかったのはこうした幼虫だった。そして、もうひとつ目立っていたのがミスジマイマイ。大きな個体が竹柵をのろのろと渡っていた。梅雨入りしたことだしカタツムリの季節でもあるな。5月28日、横浜市緑区四季の森公園にて
R0052683

|

« ツツゾウムシ@四季の森公園 | トップページ | The Day of the Jackal by Frederick Forsyth »

四季の森公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツツゾウムシ@四季の森公園 | トップページ | The Day of the Jackal by Frederick Forsyth »