« The Day of the Jackal by Frederick Forsyth | トップページ | ムナビロオオキスイ »

2011.06.04

ヤマカガシ@新治市民の森

5月最後の週末は二日とも雨で外出が一度のみ。土曜日に四季の森公園で見つけたものは昨日までに紹介したのでネタ切れとなり、約1ヶ月前の新治の蛇を紹介することにする。
R0049629

R0049624
新治市民の森でトンボの成虫や羽化中の個体を探して水辺を散策するうち、ふと何かの気配を感じた瞬間、蛇が水面をすーっと流れるように泳いで行った。黒赤黄色のまだら模様のヤマカガシだ。しばらくすると向こう岸からこちらに向かって泳いできた。こちら側に用事でもあるのか。ゆっくり近づくと水中で停止し、こちらをうかがっているようだった。水面に浮いているし、しかもこの体勢ならば力学的にどう考えても飛びかかられることはないと判断し、近寄って撮影してみた。もちろんビビりながらだが(笑)。
下はニホンアカガエル。日向ぼっこをしていたようだ。足だけは水底の穴にいれたまま。近寄ってみたところ、足を入れている穴にそっと潜り込んで隠れてしまった。背中に逆V字の模様があるのでニホンアカガエルである。
4月30日、新治市民の森にて
★6/7追記。このアカガエルは背側線が狭まっていること、口先がとがってないことからヤマアカガエルに訂正します。多謝>Fisherさん。
R0049498

|

« The Day of the Jackal by Frederick Forsyth | トップページ | ムナビロオオキスイ »

両生類」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

爬虫類」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさま
こんばんは。おひさしぶりです。
カエルは、背側線の曲がり方をみると、ヤマアカガエルのようですね。
新治には、ニホンアカガエルとヤマアカガエルの両方がいるようです。

投稿: Fisher | 2011.06.05 22:33

Fisherさんこんばんは。背側線はたしかにすぼまっていますねぇ。それと吻もやや丸い感じがします。この2点はヤマアカガエル的。背中の逆V字斑がニホン的。これまで新治でみたアカガエルは全部ニホンとしてきたと思いますが、混ざっているんでしょうか。coldsweats01

投稿: はるきょん | 2011.06.05 23:18

はるきょんさま。こんばんは。
バックナンバーを拝見すると、新治で撮影されたアカガエルは、みんなニホンアカガエルのようですね。
新治には、もうずいぶん行っていないのですが、私の記憶でも、ニホンアカガエルの方が多い気がします。
私が調べたものではありませんが、10年ほど前に、県内各地でアカガエル2種について、産卵期の卵塊数を数えて両者の生息状況を調べたレポートが出ています。それによると、新治や四季の森などでは、両種の生息が確認されています。ニホンアカガエルは、この調査当時から生息地の減少が著しいことが指摘されています。新治や四季の森のニホンアカガエルは、貴重な存在のようです。
長くなってしまい、すみません…

投稿: Fisher | 2011.06.06 23:56

Fisherさんこんばんは。くわしい情報誠にありがとうございます。そういえばニホンアカガエルは神奈川県の絶滅危惧種Ⅱでしたね。大切にしなくちゃですね。今度アカガエルを見つけたらよ~く識別してみたいと思います。

投稿: はるきょん | 2011.06.07 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« The Day of the Jackal by Frederick Forsyth | トップページ | ムナビロオオキスイ »