« ヤマトシジミ産卵@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ未熟♀手捕り »

2011.07.10

チョウトンボ

綺羅蝶蜻蛉
R0055754

R0055755

R0055712
本格的に暑くなり、もう梅雨は明けたのではないかと思うほどである。この日は長靴に半袖Tシャツ、その上に古いYシャツを着て行った。水はロングボトルにタップリと。顔と両手と首筋には日焼け止め。帽子に時々水を垂らす。
この池に来るのは数回目。チョウトンボがひらひらと多数舞っていた。あまりに暑いので日陰からよく観察して止まる場所を何箇所か確認してから日向に出かけた。ちょうどキラキラに見える角度に♂を一頭発見。慎重にじりじりと近づき、撮影することができた。なんとも表現のしにくい色だが、とにかく美しい。一枚目と二枚目は同じ♂個体。三枚目は別の♀個体。♀の翅は黒味が強く、♂ほど煌めかない。♀はきらめく♂の翅を見て選択するのであろうか。交尾のときはそんな余裕は無いように見受けられるが。
腹部先端の違いが分かる。♂は尾部付属器が長く先端がとがって見える。
下は池脇の樹々に囲まれた湿地で見つけたアカネ。翅先に黒帯があり、眉斑がない。胸の黒筋を見てノシメ?コノシメ?あれ?なんだっけ?と秋以降のブランクは大きく、現地ではなんだか分からないままだった。リスアカネ♀。また覚えなおさなくちゃ。翅先に黒帯のあるコノマリ。そのうちリスだけが眉斑がなし。コノシメは「つ」ノシメは黒筋が上まで貫通。リスは途中まで。マユタテは黒筋なし、と。
後で知ったがこの日梅雨明けしたらしい。7月9日、神奈川県東部にて
R0055893

|

« ヤマトシジミ産卵@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ未熟♀手捕り »

★特選記事★」カテゴリの記事

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県東部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマトシジミ産卵@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ未熟♀手捕り »