« アリジゴク改めツノトンボ幼虫@新治市民の森 | トップページ | オオフタオビドロバチ交尾@新治市民の森 »

2011.07.06

アシナガオニゾウムシ♂

R0055083

R0055101

R0055104

R0055107
これは自宅の網戸で見つけたもの。発見者は虫嫌いの二女。網戸の内側にいた。虫ぃー!早く出してぇー!の悲鳴で懇願され、やれやれと家庭内平和維持活動の任務の一環として緊急出動したのだが、一見してこれは初見のゾウムシだと悟り、デジカメを取りに戻った。すると当然のごとく、早く!!してっ!!と怖い眼を向けられた。が、そんなことはお構いなくまずはじっくりと観察し、活性が弱そうだと判断し、左手で捕獲し、ベランダに持ち出してゆっくりと撮影した。家の中からはも~!と牛が二頭ほど鳴いていたが一切無視した。
オジロアシナガゾウムシにやや似たゾウムシだった。前脚を上手に折りたたんでピクリともしない。これ幸いといろんな角度から撮影し放題。やがて、そっと脚を伸ばし始め前脚を伸ばして我が左手にしっかりと足場を確保した。前脚が異様に長く、しっかりしている。顔は長く平たい。甲には黒の模様がある。特徴がはっきりしていたのですんなり判明した。アシナガオニゾウムシ♂。♀は脚が長くないらしい。脚長鬼象虫だ。エノキに集まるそうだが、家の近くにエノキはないと思うのだが。あまりの暑さに玄関をしばし開けていたので入ってきたのだろうか?蚊の侵入は絶対に許さないがこういう虫ならば自分的には大歓迎である。家族は別の意見のようだが。
ひとしきり撮影した後は、ベランダのオルヅルランの繁みに入れておいた。自宅で見つけた昆虫としてはナンバーワンとなった。ヤッホー!なお、野鳥では10年ほど前にベランダからコチョウゲンボウを見つけたことがありこれが野鳥ナンバーワン。おまけにいうと福岡の実家では庭の上空をナベヅルのひと家族が北帰行してゆくのを見たのが野鳥ナンバーワン。アオバズクが玄関脇の電柱に止まったのが野鳥ナンバー2である。昆虫ナンバーワンは庭のフヨウでラミーカミキリだな。6月29日、自宅の網戸にて。

|

« アリジゴク改めツノトンボ幼虫@新治市民の森 | トップページ | オオフタオビドロバチ交尾@新治市民の森 »

ゾウムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鴨居近辺事情」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
やっほー娘さんいいの見つけてくれましたね
口吻がしっかり収まって前脚はきっちりたたんで
死んだふりだとコンパクト
オニゾウムシは鬼象虫なんでしょうか
かなりうらやましいです

投稿: エフ | 2011.07.07 22:33

エフさんこんばんは。そうでした。見つけてくれた娘に感謝をしなくっちゃ、忘れていました。それはそうとムラサキアオ、かなり羨ましいですよ。good

投稿: はるきょん | 2011.07.08 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリジゴク改めツノトンボ幼虫@新治市民の森 | トップページ | オオフタオビドロバチ交尾@新治市民の森 »