« コシボソヤンマ♀ぶら下がり | トップページ | ハンミョウ »

2011.09.12

コオニヤンマ産卵

R0010159

コシボソヤンマのいた細流にはオニヤンマやコオニヤンマがときどき見られた。長靴で細流の中で待っていると3m先にホバリングして一点に停止しているトンボを発見した。双眼鏡で確認するとコオニヤンマのようだった。何をしているのか?ホバリングしながら時々向きを変えている。そして、打水産卵をした。そうか、産卵だったのか。暗いのでなかなか撮影できなかったが、一番マシなのを掲載する。♀は寸胴である。
下は腹部がほっそりした♂。このように一箇所にベターと座ってじっとしていた。♀を待っていたと思われる。これに対してオニヤンマは直線的に飛んできて水に何度もボチャンと飛びこんで体を冷ましていった。小さく目立たないコシボソヤンマを、目を凝らして探しているところにド派手な模様のオニヤンマが出てくると凄い存在感だった。9月10日、神奈川県東部
R0010075

|

« コシボソヤンマ♀ぶら下がり | トップページ | ハンミョウ »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県東部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コシボソヤンマ♀ぶら下がり | トップページ | ハンミョウ »