« オオカマキリ威嚇 | トップページ | 日産スタジアム外周路16周 »

2011.09.15

コバノカモメヅルの花

R0010176
トンボは結局、オニヤンマ、コオニヤンマ、コシボソヤンマ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ウスバキトンボを見た。アカネ類やオオアオイトトンボ、モノサシトンボなどを期待していたのだが見つからずちょっと残念。
撮影対象が少なかったので目に付いた植物も撮ってみた。これはコバノカモメヅル。ガガイモ科。
いつもお世話になっている「横浜新治花と実の写真集」ではキョウチクトウ科とされていて誤りかと思ったが、分類体系によってガガイモ科がキョウチクトウ科に含まれるらしい。こういう分類に興味を持っては危険なので追求はしない。
下はおまけのフクラスズメ幼虫。この一帯のカラムシの葉は無残なほどに食い荒らされていて、フクラスズメの食害と思われた。少し残っていた葉の裏側に見つけた。残り少ない葉で蛹化まで足りればよいが、足りなければ途中で餓死ということになる。一箇所にたくさんの幼虫が育つのも良し悪しで、早く育たないとやばいということになる。調べてみたら昨年5月に新治で同じ幼虫を撮影している。春が一回目の発生で今が二回目の発生時期にあたるようだ。
9月10日、神奈川県東部
R0010174

|

« オオカマキリ威嚇 | トップページ | 日産スタジアム外周路16周 »

神奈川県東部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオカマキリ威嚇 | トップページ | 日産スタジアム外周路16周 »