« 道志水源林ボランティア報告#41 | トップページ | トライアスロン世界選手権横浜大会エイジの部 »

2011.09.18

マユタテアカネ睡眠@新治市民の森

R0010293

R0010389
土曜日の朝7時半ごろ、新治の田圃でマユタテアカネ♂がぶら下がって眠っているのを発見した。翅に夜露がびっしりついていた垂直にぶら下がっているのも寝ている証拠と思われる。秋が深まってゆき気温が下がってくるとトンボも数を減らすが、このようにして寝ている状態から、無事に起き上がり、飛べるようになるまでには太陽光の熱を受けねばならない。だから夜寝る場所の選択を誤ると朝になってもいつまでも日がささずに体温が上がらず、そのまま動けずに死亡ということになり、そうして数が減っていくのだろう。この個体はそのままそっとしておいたが、ちゃんと起きただろうか。
二枚目は大正池のそばで道端でみつけたマユタテアカネ♂。こちらは元気に餌を摂っていた。このように水平に止まるのが普通で起きている証拠だ。こちらは9時過ぎだった。
下はおまけで田圃のイネ。いろんな品種のイネが植えられていて実り具合も異なるが、だいたいのイネはご覧のようにたわわに実っていた。プロは穂に含まれる実の数や太さを見て判断するのだろうが、今年はどうなのだろうか。今年は東北のコメが期待できないので、せめて放射能汚染の影響のない地方では豊作になってほしいものだ。
9月17日、新治市民の森にて
R0010284

|

« 道志水源林ボランティア報告#41 | トップページ | トライアスロン世界選手権横浜大会エイジの部 »

トンボ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道志水源林ボランティア報告#41 | トップページ | トライアスロン世界選手権横浜大会エイジの部 »