« ナツアカネ交尾態@小山田緑地 | トップページ | ミヤマアカネ@鶴見川源流公園 »

2011.10.19

リスアカネ手乗り@小山田緑地

R0012184

R0012189
今シーズンはトンボの手乗りはあまり意識的にはトライしてないように思う。小山田緑地では意図せず向こうからリスアカネ手乗られた(笑)。これはいつぞやのオナガサナエの手乗られと同様である。近くで撮影していたら勝手に飛び乗ってきたのである。こういう場合も慌てず落ち着いて、カメラを持つ右手だけをゆっくり動かしてそっと撮影するのだ。左手は多少角度を変えたりしても大丈夫だが、あくまでもゆっくりと。急に動かすと飛んでしまう。トンボに手乗られるといいことが起きるかな?などとちょっと考えたのだが、手乗られること自体がいいことである。
翅先に黒斑があり、眉斑のないリスアカネ♂。胸の黒線は上まで届かない。
下は竹柵検索で見つけたナカジロサビカミキリ。この緑地の竹柵は高さが低く、観察しにくかった。この緑地ももっと近ければ何度でも訪れたいところである。
10月16日、町田市小山田緑地にて
R0012215

|

« ナツアカネ交尾態@小山田緑地 | トップページ | ミヤマアカネ@鶴見川源流公園 »

カミキリ」カテゴリの記事

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はるきょんさん。
ホントもっと近いと嬉しいですけどね。
シーズンだったらカミキリとかも多そうです。
最初にいった時も、食事時間含めて小一時間だと思いますが、カタシロゴマフカミキリやヤスマツトビナナフシに出会えましたし、二度目はニホントビナナフシ、ヒナバッタ(雄のお尻が赤くすごく綺麗、勝手に『お尻美人』と読んでます)、クロコブゾウムシ、マダラアシゾウムシなど、初心者の私には初めて見るものが多かったです。

投稿: ジャワカ零 | 2011.10.19 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナツアカネ交尾態@小山田緑地 | トップページ | ミヤマアカネ@鶴見川源流公園 »