« アキアカネ交尾について | トップページ | シリアカハネナガウンカ@新治市民の森 »

2011.10.10

シャクチリソバ@鶴見川土手

R0011994

3連休の中日は地域の運動会で、体育指導員(正式にはスポーツ推進員と変わったようだが)として運営に携わり一日あれこれ動き回り、平日の10倍ほどの体力を消費した。そのため月曜日は疲れ果てて午前中に30分ほどの散策をしただけだった。
鶴見川の土手は草刈がなされていたため久しぶりに下に降りてみた。とても尖った三角形の葉をしたシャクチリソバ。ヒマラヤ原産らしい。5枚の花弁に長い雄しべが涼しげ。土手にたくさん集まって咲いていた。祝!初見。
R0011986

R0011987
コセンダングサ。黄色の花の構造がどうなっているのかは不明。3枚に分かれた葉は特徴的。

R0012003

R0012005
キクイモは舌状花が10以上らしいが、これは8枚なのでイヌキクイモかもしれない。藪こぎ状態の土手斜面でギンヤンマがさかんに飛びまわって採餌飛行をしていたのを発見したのでどうにか撮影出来ないか考えながら観察していたが、突然くしゃみが連発して出てきてしまい、ぞっとしたのでほうほうの体で逃げ帰った。
10月10日、鶴見川土手にて
追記:
昨日の疲れは体のあちらこちらに偏った筋肉痛を発している。重い飛び箱や大縄、テーブルやイスなどいろんなものを運んだからである。これを解消するために、体をほぐし、体中の血液を緩く循環させるためゆるジョグを午後行った。思ったよりも日が差してきたため日陰になる日産スタジアム外周一階を回った。異様に車と人が多く、なんらかの催し物をやっているようだった。走っている途中で向こう側から異様な風体のものが歩いてきた。なにやらの着ぐるみのようだった。近づいてきて第一勘はフロンタ君だった。よく見ると頭部が白く、嘴?が黄色いようだった。フロンタ君ではないとすると?すれ違って後ろを振り向くと尾部に水平に広がった扇子のようなものが歩くたびに揺れていた。これは尾羽だな。すると鳥だからマリノスケか?あまりにもガン見してしまったため着ぐるみの横を歩いていた付き人が笑いをこらえているようだった。結論:何らかの催し物に出演したマリノスケが仕事を終えて戻るところに遭遇したものだろう。これで妙に元気が出てしまい、全身に電気が走ってしまった。結局16周を一定のペースで走ることができた。
コース:日産スタジアム外周16周、距離:15km,タイム:1:26’40”、平均心拍数:144、最高心拍数:154、平均ピッチ:166、ラン後体重:○5.2kg

|

« アキアカネ交尾について | トップページ | シリアカハネナガウンカ@新治市民の森 »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

新横浜公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アキアカネ交尾について | トップページ | シリアカハネナガウンカ@新治市民の森 »