« アキアカネ交尾態 | トップページ | イボクサなど »

2011.10.05

マユタテアカネ交尾態

R0011440

R0011441
マユタテアカネの交尾態
も見ることができた。こちらも♂の赤い腹部、雌の胸部の黄色が目立つ。
かなり接近して撮影出来たので交尾態をよーく見てみよう。
まず、いつも不思議に思っている♂の尾部付属器と♀の連結部分。上に反った尾部付属器は♀の頭部裏側辺りに触れてはいるようだが、別に挟み込んでいるようには見えない。見えているのは尾部上付属器であり、見えていない尾部下付属器がどうなっているのかが焦点であるが、見えないものは仕方がない。う~んもどかしい。
次は♀の生殖弁が接している♂の副性器のあたり。副性器には二つの小さな突起が見えている。これがどういう働きをしているのか皆目見当もつかない。
下はおまけでミヤマアカネの♀待ちの♂と連結産卵。シャッタースピードが遅く鮮明な写真は撮れなかった。ま、コンデジCX5では無理だな。排水路の底からの撮影である。野鳥の会長靴は重宝している。アキアカネもマユタテアカネもミヤマアカネも交尾態では同じように♂の赤と♀の黄色が良くめだつ
9月30日、神奈川県北部にて
R0011444

R0011456

|

« アキアカネ交尾態 | トップページ | イボクサなど »

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県北部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アキアカネ交尾態 | トップページ | イボクサなど »