« マユタテアカネ交尾態 | トップページ | キバラヘリカメムシの群れ@小松ヶ池 »

2011.10.06

イボクサなど

R0011332

R0011317

R0011322

R0011325
神奈川県北部の湿地にはイボクサの可憐な花が咲いていた。三枚花弁もおしべも涼しげな色と形でかわいい。二枚目はツリフネソウ。日陰の水辺に咲いていた。大きな口の中には黄色い部分やピンクの斑点があり、なんとなく餌をねだるツバメの雛が大きく開けた口を思わせる。この花は何をねだっているのだろうかと考えていると横からホシホウジャクがやってきて吸蜜していった。ほんの一瞬で別の花に移っていった。そうか花は昆虫を待っていたのだな。超速いので撮影は大変だ。ホシホウジャクの行動と付近の花の分布状況をざっと見て、やがてこの花にもう一度来るであろうと予想してピントを合わせておいて待ってみた。ホウジャクの動きを横目で追いながら待つこと数分。狙った通りの位置にドンピシャに来た瞬間に撮ったのが3枚目。4枚目はまだ咲いてない花なのに吸おうとしているのでこれはホシホウジャクのミスと思われる(笑)。そうそう、空飛ぶ海老フライだった。
下は田圃のヒガンバナ。ヒガンバナは大きくて派手なため撮りたくなる対象ではあるが、その背景が絵にならないことが多くなかなか撮りにくい。イネは黄金色に実っていて、一部刈り取り作業中の田圃もあり、刈り取り済みの田圃もあった。最後は不明種。川原にあったもの。種があったので爪を立てて割ってみたら焦げ茶色の小さなかけらのような種がたくさん出てきたので、付近にばら撒いておいた。バナナに似た実は14mm程度と思われた。9月30日、神奈川県北部にて
R0011381

R0011490

R0011491

|

« マユタテアカネ交尾態 | トップページ | キバラヘリカメムシの群れ@小松ヶ池 »

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県北部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

川原で良く見かけますね。草丈が高いような花、何か見覚えがあったので記憶をたどって調べてみると、オオマツヨイグサあたりだと思うのですがどうでしょうか?

投稿: 虫好き | 2011.10.06 23:35

虫好きさん、またもやありがとうございます。オオマツヨイグサですね。花なら分かったはずですが、種だと一気に難しくなります。

投稿: はるきょん | 2011.10.07 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マユタテアカネ交尾態 | トップページ | キバラヘリカメムシの群れ@小松ヶ池 »