« ヒドリガモ@鶴見川 | トップページ | THE DOGS OF WAR by FREDERICK FORSYTH »

2011.11.30

ヨモギハシロケタマフシ@新治市民の森

R0064051

R0064057
新治市民の森の田圃脇で妙なものを見つけた。調べたところ、ヨモギハシロケタマフシ(蓬葉白毛玉五倍子)というものらしい。しかし、これっていったい何なのか?
ヨモギの葉に寄生するハエの一種ヨモギシロケタマバエが作った虫こぶだそうだ。虫こぶとは虫が産んだ卵から孵った幼虫の巣とでもいおうか。寄生された植物が、余計者であるはずの昆虫の卵に対してなぜこういう特別扱いをするのか皆目見当もつかない。なにかメリットもあるのだろうか。文一総合出版からは虫こぶ図鑑というものが出ているぐらいなのでこれもたくさん種類があるようだ。
下はとても目立っていた赤い実。艶がありヤブヘビイチゴの実と思う。日当たりのよい斜面にあったので図鑑の記述にあわないのがちょっと気になるが。
11月26日、新治市民の森にて
R0064059

|

« ヒドリガモ@鶴見川 | トップページ | THE DOGS OF WAR by FREDERICK FORSYTH »

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はるきょんさん。
「虫こぶ図鑑」借りた事あります。(^^ゞ
ヨモギシロケタマバエが気になって、ネットで写真ないか検索してみたんですが
どうも、虫こぶばっか出てきて見つかりませんでした。(-.-)
…前に探していたミナミカマバエですが、土曜日に見つけました。
特別な環境に居るわけではなく、一寸見だとコバエにしか見えないだけで
新治の田圃なんかでも沢山居そうな気がします。

投稿: ジャワカ零 | 2011.11.30 22:15

こんばんは、ジャワカ零さん。ミナミカマバエ、絵になりますねぇ。かっこいいですgood。ヨモギシロケタマバエの写真はまだ見たことがありません。春になって羽化するのを待ちましょうかね。

投稿: はるきょん | 2011.12.01 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒドリガモ@鶴見川 | トップページ | THE DOGS OF WAR by FREDERICK FORSYTH »