« ヒナバッタ@鶴見川 | トップページ | 新横浜公園の青空 »

2012.01.11

寒スズメ@鶴見川

R0067177

R0067225
餌のあるところなどでは野鳥は妙に距離が近くなる時がある。鶴見川の河原でカモを観察していると時々足元にチュンチュンとスズメがやってくるのだ。餌をくれる人間がいて、人慣れしているのだと思われる。
というわけで至近距離から撮影したスズメである。一枚目は飛立つ直前でやや伸びているが、二枚目では丸々として見える。この個体は嘴の根元に微かに黄色がある。♂♀の識別は出来ないようである。河原には枯れかけた草がたくさんあり、まだ実が採れるのだろうか。人の餌やりには頼らないでほしいものである。1月9日、鶴見川にて

|

« ヒナバッタ@鶴見川 | トップページ | 新横浜公園の青空 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒナバッタ@鶴見川 | トップページ | 新横浜公園の青空 »