« 大倉山梅園の梅はぜんぜん咲いてなかった | トップページ | ヨシガモ♂の三列風切@鶴見川 »

2012.02.21

オナガガモ♀@鶴見川

R0069619
オナガガモオスは冬が深まるにつれて尾羽が伸びるがオナガガモ♀の方も同様で尾羽が(オスほどではないが)伸びる。渡来当初の個体と比べてみてほしい。相変わらず黒い眼がクリクリして可愛い。翼を仕舞い込む肩羽と脇羽の色合いが対照的だ。肩羽は黒地に褐色模様だが、脇羽は白地に褐色模様のように見える。翼はほぼ隠されているが、黒い初列風切先端だけが尾羽付近に飛び出している。
下は♀どうしで激しい喧嘩していた2個体。別れた後はそれぞれこのように羽ばたきをして気分を変えるようだ。次列風切羽縁の白、翼鏡のオレンジ色、大雨覆羽縁の白、10枚の初列風切がよく分かる。
2月18日、鶴見川にて
R0069637

R0069638

|

« 大倉山梅園の梅はぜんぜん咲いてなかった | トップページ | ヨシガモ♂の三列風切@鶴見川 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大倉山梅園の梅はぜんぜん咲いてなかった | トップページ | ヨシガモ♂の三列風切@鶴見川 »