« アカボシテントウ越冬個体@新治市民の森 | トップページ | ヌルデの葉痕@新治市民の森 »

2012.03.05

ツチイナゴ越冬個体@新治市民の森

R0070121
新治市民の森での越冬昆虫探しで日当たりのよい南向きの草地を散策中にバッタが飛んだのを発見してびっくり。かなり大きかったぞ。慎重に探して見つけたのがこのツチイナゴ。図鑑によるとバッタ類では唯一成虫越冬する種だという。知らなかった。春までもうすぐなので生き延びてほしいぞ。
下は不明の卵。いったい何の仲間かも見当がつかない。チョウかハムシか? これを見ていて気がついた。産卵した親はこの卵が孵化するころにはこの樹の新葉が伸び始めていて、次世代の子供たちが餌に困らないことを知っていたに違いないのだ。なので今更この樹が何であるかは分からないが、この卵の親を信じるならば、この樹は枯れ樹ではなく、もうすぐ新葉が出ることだろう。このようにして次回にチェックすべき対象が増えてゆく。
3月3日、新治市民の森にて
R0070135

|

« アカボシテントウ越冬個体@新治市民の森 | トップページ | ヌルデの葉痕@新治市民の森 »

バッタ類」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はるきょんさん。
ツチイナゴ、うらやましいです。
そうなんですよね~、越冬する唯一のバッタということを私も今シーズン知りました。
時間を見つけては雑木林のあるところなどに出かけるんですが、なかなかお目にかかれません。
今度、新治へ行ってみたいと思います。

投稿: グッチ | 2012.03.06 22:23

グッチさんこんばんは。ヒナバッタに続き冬のバッタ2種めでした。このツチイナゴは南向き斜面の草地を歩いていて足元方飛びだしました。晴れて暖かい日でした。探す場所と暖かい気温と接近することが飛ばせて見つける条件でしょうかねぇ。

投稿: はるきょん | 2012.03.07 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカボシテントウ越冬個体@新治市民の森 | トップページ | ヌルデの葉痕@新治市民の森 »