« キスジホソマダラ♂@新治市民の森 | トップページ | ゴマダラチョウ »

2012.05.27

クロサナエ幼虫@神奈川県西部

R0074687

R0074736
神奈川県西部山の源流域でヤゴを探してきたのだが、収穫はわずかだった。長靴(日本野鳥の会の長靴)と百均ショップで入手した台所用ザルだけという準備だったのでまぁ、こんなものだろう。
まずは上が環境写真。源流とはいえ、流量はかなり多く、流れも速い。深いところも多く、膝までの長靴で入れるところは限られていた。
ヤゴの身になって考えると、安心・安全に暮らしていって無事に羽化するためには流れのゆるめのところ、目の細かい砂が溜まっているところを選びたい。
そういう場所を探しながらザルで砂底をすくってはゆさゆさして細かい砂を流し、残ったやや大きめの粒の残留物を眺めては、体を捩じらせてうごめくヤゴが入っていないか探すのである。
これがけっこう楽しい。子供のころ十分に出来なかった水遊びを五十過ぎてから取り戻しているような感じで、どこかで疾しさを少しだけ感じながらもザッ、サワサワサワ、ジャーの繰り返しでとにかく夢中になった。
で、数か所ですくったわけだが収穫は合計15頭程度。もちろん撮影後すべて元の砂に返却した。
二枚目の写真はクロサナエ幼虫と思われる。ダビドとの識別は確信はないが。サイズは10mm程度のものが多かった。
ヤゴ探しに時間を使ったため、羽化殻、トンボ成虫を探すことが疎かになってしまい、そちらも収穫はプアなものとなった。
下はクロサナエあるいはダビドサナエと思われる。上の個体よりも黒味がない。サイズは6mm程度。このタイプが一番多かった。
この日は数か所を移動しながらヤゴ探しをしたのではきかえるのが面倒で長靴を履いたまま長時間過ごし、かなりハードな場所も踏破したためか、この日最後の湿地でついに長靴が浸水してしまった。冷たい水がシャーーーーと侵入してきたときの左足の感触といったら。あぁ~、日本野鳥の会長靴(野鳥の会の会長の靴ではなく、野鳥の会製の長靴)がぁ。本来の使い方を逸脱してしまったので自業自得ではあるが、ちょっともったいなく悔しい。5月19日、神奈川県西部にて
R0074714

|

« キスジホソマダラ♂@新治市民の森 | トップページ | ゴマダラチョウ »

★特選記事★」カテゴリの記事

トンボ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

神奈川県西部」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キスジホソマダラ♂@新治市民の森 | トップページ | ゴマダラチョウ »