« ヨモギハムシ@新治市民の森 | トップページ | オオシオカラトンボ産卵@新治市民の森 »

2012.06.10

マルタンヤンマ羽化殻@鶴見川ビオトープ

R0076280

R0076281
10日の朝、久しぶりに鶴見川ビオトープに行ってみた。短い時間しかなく熱心に探せなかったのでトンボ成虫、幼虫は一切見かけなかった。が、ギンヤンマ羽化殻マルタンヤンマ羽化殻を見つけることができた。
ギンヤンマの羽化殻は♂15、♀13個の合計28個。マルタンヤンマは♂2だった。マルタンヤンマ羽化殻の大きさは41mmと38mm。比較のために掲載したギンヤンマの羽化殻はどちらも48mmだった。一回り大きさが違うのがわかるかと思う。ギンヤンマの羽化殻は大きくてツヤがあり、薄くて柔軟性があるマルタンヤンマの方は小さくて艶消し、やや硬くて柔軟性に欠ける。いずれも壊れやすいので取り扱いは要注意だ。マルタンヤンマ幼虫は側棘が腹部第6~9節の4つある。全体に黒っぽく腹部に縦に黒い筋がある。今シーズンはまだ成虫の姿を拝んでいない。
6月10日、鶴見川ビオトープにて
R0076286

R0076288

|

« ヨモギハムシ@新治市民の森 | トップページ | オオシオカラトンボ産卵@新治市民の森 »

トンボ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨモギハムシ@新治市民の森 | トップページ | オオシオカラトンボ産卵@新治市民の森 »