« ヤマサナエ♂ホバリング@新治市民の森 | トップページ | ヨモギハムシ@新治市民の森 »

2012.06.08

テングチョウ@新治市民の森

R0076150
この日は新治のあちらこちらでテングチョウがたくさん見られた。ちょうど発生時期だったのだろう。テングチョウは成虫越冬し、それが産卵するのが4月、それが羽化するのが6月ごろというわけである。この時期に羽化した個体が来春まで生き続ける(フィールドガイド日本のチョウによる)としたら信じがたい。なんと10ヶ月だ。この時期に羽化した個体が産んだ卵から発生した個体が越冬まで頑張るというなら分かる気がする。上はテングチョウ♂。
下はマガリケムシヒキ♂と思われる。複眼後ろにある毛が前方に直角に曲がるらしいのだがそれは確認できない。しかし複眼が緑色であること、脚の色の特徴、小楯板から逆さに生える二本の剛毛などからマガリケムシヒキと思う。
6月2日、新治市民の森にて
追記:6/9 このムシヒキは複眼が緑色で翅が茶色なので、クリバネマガリケムシヒキに訂正します。多謝>ジャワカ零さん。(栗翅曲毛虫曳)
また、ついでに交尾の写真を一枚追加しておきます。
R0076165

R0076164

R0076168_2 

|

« ヤマサナエ♂ホバリング@新治市民の森 | トップページ | ヨモギハムシ@新治市民の森 »

アブ」カテゴリの記事

チョウ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はるきょんさん。
マガリケムシヒキの仲間は、♂が腹部の末端にある交尾器の形状がだいたい真ん丸で、♀は先端まで尖っています。
このムシヒキは、翅が茶色っぽいのでもしかしたら(ナミ)マガリケムシヒキでなくクリバネマガリケムシヒキ♂なのかも知れません。

ムシヒキアブ亜科(Asilinae)
http://www3.kcn.ne.jp/~tgw/m-index2-j.htm

投稿: ジャワカ零 | 2012.06.08 22:11

何か書き間違ってる。(^^
♀です。

投稿: ジャワカ零 | 2012.06.08 22:54

ところで、獲物はアリでしょうか。

投稿: ジャワカ零 | 2012.06.08 23:03

ジャワカ零さんおはようございます。せっかくの土曜日なのに雨なので家でふてくされています。このムシヒキ、翅が茶色っぽいのが気になってはいたのですが、これ以上は調べられなかったのでマガリケとしましたが、マガリケは翅が透明なので、おっしゃるようにクリバネの可能性が高いですね。いつもありがとうございますhappy01

投稿: はるきょん | 2012.06.09 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマサナエ♂ホバリング@新治市民の森 | トップページ | ヨモギハムシ@新治市民の森 »