« クロスジギンヤンマ | トップページ | ベニモンアゲハ@多摩動物公園 »

2012.06.19

オオゴマダラ@多摩動物公園

R0076660

R0076765
土曜日、ゼフィルスを探しに出かけたいところだったがこの春何度も経験した残念なパターンの再現でまたまた雨である。日曜日はスポーツ推進委員の催し物があり、晴れそうなのに自然観察には出られないのだ。そこで一計を案じ、多摩動物公園の昆虫生態園に行ってきた。ここなら温室なので傘も不要で、蝶が観察できるはずというわけである。
電車を4本も乗り継いで現地到着が0920時ごろだったが、開園まで10分あるというので正門前の植え込みを傘をさして散策したが、とくに収穫は無し。
開園と同時に昆虫生態園に入ると、そこは見たことも無い蝶が多数乱舞する天国のような場所だった。
南国に生息する蝶が飼育されていて、普段は絶対に見ることのない蝶の姿を満喫することができ、夢のような1時間20分を園内で過ごしてきた。雨の土曜日の午前中ということで客もほとんどおらず、見放題、撮り放題だった。
16種の蝶を観察撮影出来たのだが、その中から今日紹介するのは一番大きな蝶、オオゴマダラにしたい。
まずは羽化殻にびっくりした。てらてらとした艶のあるペットボトルのような質感の殻。こんな綺麗な羽化殻があるなんてすごすぎ。写真一枚目。
広い温室内では日本一大きな蝶オオゴマダラがたくさんいて、自分の頭の周りを乱舞され、これは天国に居るべき蝶だと確信し、またここは現世の天国ではないかと思った。♂♀の識別は出来なかった。
下はツマベニチョウ♀。こちらは学生時代の沖縄合宿で見た覚えがある。こちらも大きな蝶である。自分にとって、南国の蝶のイメージといえばハイビスカスにツマベニチョウである。6月16日、多摩動物公園昆虫生態園にて
R0076805

|

« クロスジギンヤンマ | トップページ | ベニモンアゲハ@多摩動物公園 »

チョウ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

多摩動物公園、20歳くらいのときに何度か行ったことがあります。まだそのときは蝶の温室できたばかりでした。蝶の温室が見たくて行ったんです。今はもう40代のおばちゃんになりました。つい捕まえたくなって捕まえようとしたら警備員さんがじ~っとこっちを見るのでcoldsweats02やめたという思い出があります。

去年の秋に上の娘が高校の修学旅行で、オオゴマダラとツマベニチョウの写真を撮ってきてくれました。何か虫撮って来てと頼んだんです。すごいうらやましかったです。行ったことないので。

投稿: てまり | 2012.06.20 06:44

てまりさんこんばんは。昨晩は飲み会で遅くなり、コメントのチェックが出来ませんでした。多摩動物公園の昆虫生態園では蝶を捕まえてみたくなるのは子供に限らず本能のなす業だと思います。ただ、うら若き女性が実際に蝶を追ったとしたら、それはちょっと見ものだったかもしれませんねcoldsweats01。オオゴマダラとツマベニチョウの写真をちゃんと撮って来てくれるなんて良い娘さんじゃないですか。またそういう親子関係っていいですねぇgood

投稿: はるきょん | 2012.06.21 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロスジギンヤンマ | トップページ | ベニモンアゲハ@多摩動物公園 »