« トビイロオオヒラタカメムシ@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ羽化殻@新横浜公園 »

2012.07.08

セスジイトトンボ@新横浜公園

R0078169

R0078176

R0078180
午後から雨という予報の土曜日。朝は曇りで少しは自然観察が出来そうな雰囲気。途中で雨が降り出すとつらいので近場の新横浜公園まで行ってきた。
北側園地周回コースではたくさんのランナーがマジで走っていた。タスキをかけて走るランナーもいたのでなんらかのレースも同時に行われていたようだ。たまには短くてもよいのでこういうマジの走りをしたいものである。
とか思いながらも、目は遊水地周辺の水草へ。今シーズンまだ見ぬウチワヤンワやそろそろ北上してきそうなタイワンウチワヤンマが止まってないか目を凝らす。黒王号で少しずつ進みながらfinite covering で岸辺をくまなく探したが、見つからなかった。オオヤマトンボも期待していたのだが、日が差さないためか現れなかった。
後はいつものコースを長靴でじゃぶじゃぶしながら回った。
上は腹部第8、9節が完全に青いのでムスジイトトンボというのが第一勘。だが、全体に小さい感じがしたのと腹部先端部が違うような気がして何枚も撮っておいた。
帰宅後に複数の図鑑を使って調べたところ、眼後紋がムスジよりも太く三角形をしていること、腹部先端の尾部付属器が広がっていることから、セスジイトトンボ♂であることが判明した。祝!初見。胸部肩縫線の黒条内にある細い淡色条が二筋あるのがちょっと珍しい感じがする。ムスジイトトンボこちらを参照
環境はごく緩やかな細い流れで両側に植物が生い茂っている場所だった。ムスジはこういう環境では見られないらしい。曇りで暗かったためか写りがイマイチなのは容赦を。
7月7日、新横浜公園にて

|

« トビイロオオヒラタカメムシ@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ羽化殻@新横浜公園 »

トンボ」カテゴリの記事

新横浜公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさんこんばんは。はるきょんさんはとんぼに大変お詳しいので、お伺いしたいのですが、昨日新治で羽化中のオニヤンマを見つけました。今日の午後見に行くとまだそこにいました。羽化して飛び立つのってこんなに時間がかかるのでしょうか。葉っぱでつついたら、普通の反応していたのですが。いやいやみたいな。coldsweats02

投稿: てまり | 2012.07.08 21:12

写真部に写真載せます。

投稿: てまり | 2012.07.08 21:13

てまりさんこんばんは。オニヤンマの羽化いいですね。写真見せてもらいました。一見したところ左後脚の欠損がありますが、翅には問題ないように見えます。でももしかすると翅を動かすことが出来ずに飛べないのかもしれませんね。普通は朝方には飛んでいるはずなので翌日まで同じ場所に留っているのは羽化失敗でしょうね。数年もヤゴで頑張ったのに。

投稿: はるきょん | 2012.07.08 22:17

追記ですが、トンボって丸一日何も食べないと生きていられるのか確信持てません。オニヤンマは体が大きいので一番強いとは思いますが。

投稿: はるきょん | 2012.07.08 22:28

今朝もオニヤンマ見に行ったのですが、まだそこにいました。どうやら本当に飛べないみたいです。葉っぱでつついてもちょっと羽ばたいただけで、下に落ちてしまいます。昨日もそうでしたが。そのままにしておきます。それが自然ですよね。かわいそうですが。crying

投稿: てまり | 2012.07.09 14:30

てまりさんこんばんは。まだ生きているなんて不思議ですね。羽化失敗だとしたら、近くに羽化殻があるはずです。でっかいのが。

投稿: はるきょん | 2012.07.09 20:39

はるきょんさんこんにちは。オニヤンマを最初に見つけたのは旦那で周りを探したそうですが、なかったそうです。それに実はよその知らないうちの花壇にいるので、ちょっとあんまりうろうろしたくありません。汗 今日も探しに行こうかなと思いましたがやめました。死んでたら見たくないので。coldsweats02

投稿: てまり | 2012.07.10 12:51

その花壇は用水路のそばなんですが。

投稿: てまり | 2012.07.10 12:53

てまりさんこんばんは。オニヤンマは羽化するときに水場からだいぶ離れた場所まで移動することがあります。羽化に最適な場所を求めて、のしのし歩くんでしょうね。自分が見た中には水場から3mは離れている例がありました。しかし、このオニヤンマはなんだか不思議な事例ですね。

投稿: はるきょん | 2012.07.10 21:43

イトトンボが大きく写っていて分かりやすい写真です。
肩黒条中にある細線が斜に切られたようになっていることを私も発見しました。
この細線があるのでセスジイトトンボというのだろうと思っています。

投稿: itotonbosan | 2014.02.18 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トビイロオオヒラタカメムシ@新治市民の森 | トップページ | コシアキトンボ羽化殻@新横浜公園 »