« カラスアゲハ@北八朔公園 | トップページ | ミヤマカミキリ@新治市民の森 »

2012.08.06

ネキトンボ@北八朔公園

R0079977

R0080211 
夏の時期に真っ赤なトンボを見るとだいたいはショウジョウトンボ♂なのだが、この個体はちょっと違う。色合いがショウジョウトンボの朱色っぽいのに比べて純粋に赤く、体に黒い部分がある。脚と胸の黒筋、そして腹部裏側にも黒い部分がある。なので赤と黒というイメージのトンボだ。ネキトンボ♂。よく高いところのてっぺんにじっと止まっていたりするが、ここでは湿地の枯れた植物のてっぺんに止まっていた。あまり飛びまわらなかった。
2枚目がそのショウジョウトンボ♂。違いが分かるであろうか。
下は、公園内の別の場所で見たシーン。ハラビロカマキリ幼虫がネキトンボ♂を捉えてむしゃむしゃ食べていた。カマキリはまだ若くこれから大きく成長していくのだろう。命のリレーの現場を見た気がした。ネキトンボの翅の根元のオレンジ色が分かりやすい。腹部裏側はご覧のように黒い。ところでカマキリはどうやってトンボを捕獲できたのか。近くに止まるのを待っていたのか。また、トンボはどうしてカマキリに気付かなかったのだろうか?まったく動かない緑色のものは植物の葉とでも認識したのだろうか。
8月3日、横浜市緑区北八朔公園にて
R0080142

|

« カラスアゲハ@北八朔公園 | トップページ | ミヤマカミキリ@新治市民の森 »

トンボ」カテゴリの記事

バッタ類」カテゴリの記事

北八朔公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラスアゲハ@北八朔公園 | トップページ | ミヤマカミキリ@新治市民の森 »