« アシグロツユムシ幼虫@道志村 | トップページ | ヤマアカガエル@道志村 »

2012.09.04

鶴見川ビオトープ調査報告2010

2010

鶴見川にある小さな水たまりを見つけ、鶴見川ビオトープと勝手に称して4年。今年は数回しか観察に行っていないが、順調にギンヤンマを多産していることは確認している。ここを毎週チェックしていたのが2010年のこと。その時の貴重なデータをまだ発表してなかったことに気づき、今回紹介したい。ま、2年遅れの夏休みの自由研究といったところか。
2010年はトンボ成虫が見られるわけもない2月6日から始め、最後は11月6日まで、31回の調査を行っている。毎週土曜日の早朝だった。
調べたのは主にギンヤンマの羽化殻回収であるが、他の種類も回収している。ただ、多数が羽化しているはずのイトトンボ類の羽化殻は見つけていない。ヤンマ類の羽化殻は産卵管の有無によるオスメスの識別をした。また現地での観察によりトンボ成虫も記録している。
ギンヤンマの羽化殻は強い雨が降らなければ数日から一週間程度はそのまま残っていると思われる。ただ、定位の場所によっては水に落ちたりするものもあると思われるし、雨風があれば落ちてしまうものが多いと思われる。また毎回ビオトープの隅々までチェックできたわけでもないので、回収できたのは全体の半分程度ぐらいかもしれない
回収できた羽化殻は合計でギンヤンマ851個、クロスジギンヤンマ11個、マルタンヤンマ51個などである。したがってこれの倍ぐらいが羽化していった可能性がある。

観察したトンボ:
ギンヤンマ、クロスジギンヤンマ、マルタンヤンマ、シオカラトンボ、アキアカネ、ウスバキトンボ、アジアイトトンボ、ヨツボシトンボ、ショウジョウトンボ、オオシオカラトンボ

発生時期:
上が羽化殻回収数のグラフである。ギンヤンマは5月から8月にかけて長い期間に多数が羽化している。クロスジギンヤマは4月後半を中心に短い時期に少数が羽化している。マルタンヤンマは6月から7月にかけて少数が羽化している。ウスバキトンボは10月に羽化していることが見て取れる。ギンヤンマは春に羽化した個体が産んだ卵による2化めの個体が夏から秋にかけて羽化しているといわれているが、グラフで見ると8月中旬以降に激減したあと再び増えているのがそういう2化めの羽化かもしれない。2化についてはサイズが若干小さいという説もあるので羽化殻のサイズまで測れば裏付けられるかもしれない。

このビオトープは自分以外には一人しか場所を知らない。小さな水たまりなので環境の変化により水量が減ってヤゴが全滅したかと思ったこともあった。また毎年ヒメガマの勢いが旺盛になり今後も同様の環境をヤゴに提供できるかどうかもわからない。しかし、人知れずギンヤンマを1000頭も産する環境は横浜市では貴重なはず。今後も危機感を持って見つめていきたい。

2010_2

|

« アシグロツユムシ幼虫@道志村 | トップページ | ヤマアカガエル@道志村 »

★特選記事★」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

トンボ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

すばらしい自由研究ですね! ギンヤンマ羽化殻851個・・・限定した範囲内でこんなに見つかるものなんですね。マルタンヤンマでさえ51個とは、水質ワースト上位の鶴見川とは思えませんね。本当に驚きました。
なにより個人の力で千個以上の抜け殻を数えられるなんて!

投稿: みやざき | 2012.09.04 21:26

今晩は。ギンヤンマ851とは凄い数ですね、驚きです。今年も雨がなかなか降らなかったんでまた干上がってしまったんでしょうか?

投稿: 虫好き | 2012.09.04 22:02

みやざきさんこんばんは。2年前のことですが、我ながらよくもまぁこんなに通ったと思いますcoldsweats01。いまなら頼まれても出来ません。そして驚いたことに、ギンヤンマやマルタンの羽化殻はいまだにベランダにたくさんあるんですよ。捨てられなくて。

投稿: はるきょん | 2012.09.04 22:09

虫好きさんこんばんは。いまとなっては羽化殻はもういいのでマルタン♂のぶら下がりを見たいですね。干上がりが心配なので今度の休みにでもまたチェックしてみたいと思います。

投稿: はるきょん | 2012.09.04 22:16

初めてメールします。初歩的な質問で恐縮ですが、グラフ&エクセル表的なデータは、画像として取り込んでいらっしゃるのでしょうか? 小生もこんなデータ類をアップしたいと思っているのですが、かなわないものと思っていましたので、ご教示いただけれが有難いです。
(アップ内容とはかけ離れていて申し訳ございません。)

アオヤンマ、ネアカヨシヤンマなどはいませんか?
マルタン、コシボソ、カトリは、MyFieldで観られます。

投稿: カンムリウミスズメ | 2012.09.05 20:53

カンムリウミスズメさんこんばんはhappy01。グラフと表はエクセルで作り、画面キャプチャーして画像化しています。アオヤンマ、ネアカなど見られたら最高ですが、そんな環境には程遠いところです。マルタンでさえ見られるのが不思議なほどのプアな場所なんですよ。カトリはまだ見たことがないので羨ましいです。

投稿: はるきょん | 2012.09.05 21:02

ごぶさたしております。グッチです。

昨日、とある資格試験を受験しまして、それに向けた勉強の関係もあり、しばらくパソコンともお別れをしていました。

本日、はるきょんさんのHPを久しぶりに拝見しましたhappy01やっぱり自然はいいですね~。

私が気晴らしに鶴見川に行ったときですが、チョウトンボを10匹くらい観ました。鶴見川上で、葦(?)のような草の間のスペースをとんでいました。久しぶりに見たチョウトンボで感動しましたlovely

投稿: グッチ | 2012.09.17 09:06

遡ってブログを拝見しました。先程のコメントの場所、はるきょんさんが7月16日のブログで書かれた場所と一緒かもしれません。失礼しましたcoldsweats01

投稿: グッチ | 2012.09.17 09:23

グッチさんお久しぶりです。お勉強期間だったのですね。お疲れさまでした。こちらは毎週自然観察三昧でしたのでその間の分ごゆるりとご覧くださいhappy01

投稿: はるきょん | 2012.09.17 20:12

はるきょんさん、おはようございます。

2010年は各種とも典型的なパターンを示しているようですね。

翌年あたりから気候の変動が目立ってきたような気がしています。

その意味でも2011年度の様子が気になりますね。

投稿: Yacchan | 2012.11.09 08:58

Yacchanさんこんばんは。ま、いろんな資料から判断しておかしなデータではないと思っておりましたが、典型的と評されてほっとします。2010年はこのように頑張って調査したのですが、残念ながら、その後は継続的な調査は出来てないんですよ。気にはなっているんですが。

投稿: はるきょん | 2012.11.09 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アシグロツユムシ幼虫@道志村 | トップページ | ヤマアカガエル@道志村 »