« ヤマアカガエル@道志村 | トップページ | ハスの花@箱根 »

2012.09.06

ARES GPS その後

R0081857
8月17日 日産スタジアム外周1階(ほとんど電波の届かない場所)

R0081199
8月11日 日産スタジアム外周1階(ほとんど電波の届かない場所)

R0082599
9月2日 日産スタジアム外周2階(1階よりは電波が少し届く場所)

長年愛用してきたセイコパルスグラフの寿命によって今年春から使い始めたトランステクノロジー社のARES GPS AR-2080ORC(8時間、Edy非対応、ハートレートモニター対応モデル) であるが、数ヶ月使ってみた感想をまとめたい。
まずは全般として、ラン用ウォッチとしてうまく機能するし専用ソフトでデータ管理も出来るし、ほぼ満足できる製品であることは言える。その上で気づいたことがいくつかあるので羅列してみよう。本製品に興味のある方の参考になれば幸いである。ちなみにこちらがファーストインプレッション

GPS機能をOFFにしてラップタイムのみ記録したデータがPCに残せないのはいかがなものか?せっかくのデータを失って悲しかった。夏の日影のランコースが上のニッサンスタジアム外周なのだが、電波が届かないので、オートラップを外して、手動ラップで一周ごとのタイムをとったのだ。残せて当然だろ。

充電および、PCにコネクトする際、ウォッチ本体を挟み込むグリップのつけ方が何度やっても慣れない

オートストップが無いので、信号待ちで止まった時にいちいちボタン操作をしなければならないのが面倒。リスタート時にボタン操作を忘れることもあり、何度も記録をロストしてしまった。

胸につける心拍センサーがときどきずれてきて収まりが悪い時がある。その際はウェアの脇の部分を摘まんで調整するわけだがヘンな話だがブラ(!?)の位置を調整するような感じになりなんとも妙に気恥かしい

心拍センサーのベルトは汗でぐっしょりになるので毎回洗って干しているが、ゴムの劣化が早そうで気になる

心拍センサー内にボタン電池が入っているはずだが、その電力消費が気になる。ARES本体をストップし、データをSAVEすると心拍計内もOFFになると思われるが、なんらかの原因でそのタイミングをキャッチ出来ないと延々と心拍をとっては送り続けるような気がして、次回スタート時にバッテリー切れになっていないか毎回ちょっと心配である。

ニッサンスタジアム外周路の一階はほとんど空が見えないコースなのでGPS衛星をキャッチ出来ないかと思っていたが、全然出来ないのではなく、何箇所かではキャッチ出来たようだ。ただ、一周のうち数か所しか電波をとれないのでご覧のように酷いデータとなる。また、時間によってGPS衛星群の位置が刻々と変わるので電波をキャッチ出来る位置もそれによって変わる。
上の写真2枚は外周1階(それぞれ10周ほど)、3枚目は外周2階(2周)なのでややマシではあるが相当ずれている。外周4階を次回走ってみたい。もっとマシになるはずだ。実際のランコースは外周の真円である。★断わっておくが、この製品をけなしているつもりは全くない。電波が届かない場所ではどんな製品でも同じはずだから。電波の届く場所では若干の誤差を持ってほぼ正確にトレースしてくれる。ただ、グーグルの地図自体にも若干のズレがあるようだ。

電波をキャッチ出来てない状態ではスタート出来ないことが分かって大変焦った。追記、手動ラップもゴールもできない。

本体は3気圧までの防水なのでラン後、なにも気にすることなくじゃぶじゃぶ洗うことができる。パルスグラフはとても慎重に汗の手入れをしていたのでとてもラクである。

なお、このARESはトランステクノロジー社の直販サイトTTDirect(ちょうど決算セールをやっていて安くなっている!)、楽天、アマゾンなどで購入可能だが、店によっては品切れ状態が多いようだ。

|

« ヤマアカガエル@道志村 | トップページ | ハスの花@箱根 »

スポーツ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

新横浜公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマアカガエル@道志村 | トップページ | ハスの花@箱根 »