« ヒナバッタ♀@鶴見川土手 | トップページ | ヒシバッタ@四季の森公園 »

2012.09.25

アカボシゴマダラの卵@四季の森公園

R0083231

R0083219
9月17日の四季の森公園アカボシゴマダラが道端の若いエノキの辺りをはらはらと飛んでは止まり、少し移動してはまた止まるという行動をしていたのを発見した。これは産卵だなと直感したので、後でエノキの葉を何枚か裏返してチェックしてみたところ小さいけれど明らかに卵と分かる球体が見つかった。写真を拡大してみるとビーチボールあるいはスイカのようである。こうしてゲリラ放蝶されたアカボシゴマダラの末裔は延々と命をつないで行くのであろう。この個体に罪は無いが、従来から日本に生息していたゴマダラチョウやオオムラサキなどに影響がある。放蝶した人間には悪意と罪がある。ペットを含めて外来種の持ち込みを有効に阻止する方法はないものか。
下はおまけのセンチコガネ。この公園で見たのは初めてである。ただ、既に弱っていて動きが弱弱しく鈍かった。顔と顎のあたりが丸く特徴的である。
9月17日、四季の森公園にて
R0083326

|

« ヒナバッタ♀@鶴見川土手 | トップページ | ヒシバッタ@四季の森公園 »

コガネムシ」カテゴリの記事

チョウ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒナバッタ♀@鶴見川土手 | トップページ | ヒシバッタ@四季の森公園 »