« マルバルコウソウ@鶴見川 | トップページ | エンマコオロギ幼虫@寺家ふるさと村 »

2012.09.19

モリオカメコオロギ@寺家ふるさと村

R0083062

最近入手した図鑑の影響でバッタ類にも少し興味が湧いている。寺家(じけ)ではコオロギを撮影してみた。かなり暗めの場所、障害物の多い地面、すぐに逃げるという三重苦を克服してなんとか撮れた一枚が上。分かりにくいがこれは♂。腹部先端に左右に長く伸びるのが尾肢(びし)というらしい。♀は中央に長い産卵管がある。
頭部は黒く、淡色の縦筋が5本ほど見える。複眼の間に淡色の横線がある。触角は節が無く長い。胸部には不規則なまだら模様がある。翅は先端が細くなり、腹部先端にほぼ達する。これらの特徴からモリオカメコオロギ♂と思われる。祝!初見。ちなみに和名は「盛岡メ蟋蟀」ではなく、森オカメ蟋蟀。他に原オカメ蟋蟀というのもいる、
この図鑑にはコオロギだけで30種も掲載されていて、調べるのはけっこう大変だった。
下はおまけのメスグロヒョウモン♂
9月15日、寺家ふるさと村にて
R0083018

|

« マルバルコウソウ@鶴見川 | トップページ | エンマコオロギ幼虫@寺家ふるさと村 »

バッタ類」カテゴリの記事

寺家ふるさと村」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルバルコウソウ@鶴見川 | トップページ | エンマコオロギ幼虫@寺家ふるさと村 »