« ウラナミシジミ♂@城ヶ島 | トップページ | コサギ@三浦海岸 »

2012.10.24

タイミルセグロカモメ@三浦海岸

Img_5537

Img_5538

Img_5554
城ヶ島が思いのほか面白かったので想定以上に時間を使い、白秋前バス停で1009時のバスに乗って三崎口に戻った。ひと駅だけ乗って三浦海岸でおり、漁港でカモメをチェックした。
大型カモメはまだ少なく20~30程度のようだった。その中にタイミルセグロカモメが3羽ほど見られた。
上は波打ち際に打ち上げられた魚を食べていたところにハシブトガラスがちょっかいを出したシーン。羽を引っ張られた瞬間の驚愕の表情をご覧あれ。
二枚めは翼を広げてハシブトガラスを威嚇しているところ。脚の色は黄色というよりは淡いオレンジ色と言うのが近い。嘴は太くオス顔をしている。
初列風切には少なくとも6枚の黒斑がある。ミラーはP10一枚。換羽は始まっていてP4-P2あたりが欠落中・伸長中のようだ。カラスに思いっきり食いつかれて引っ張られた右翼P10P9先端部は特に損傷が見られない。風切の先端は、空気と一番激しく戦う部分だし、地面や海水や他の個体とも触れ合う可能性が高い部分なので結構強度があるのだな。この他に柔らかいメス顔の個体もいて、ペアっぽかった。昨年も見られたペアなのだろうか。3羽の最後は脚が黄色い個体だった。
これから毎週、セグロカモメの数が増えていき、浜に大型カモメが乱舞するころには浜には大根もぶら下がるのだろう。
10月20日、三浦海岸にて

|

« ウラナミシジミ♂@城ヶ島 | トップページ | コサギ@三浦海岸 »

三浦市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウラナミシジミ♂@城ヶ島 | トップページ | コサギ@三浦海岸 »